2007年03月

2007年03月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング60位前後

為替相場はドルが117円台後半、NZドルは84円台に上昇し、一時の円高相場はなんだったのかと思うほど、すっかり元に戻りました。

今回の円高局面で、大きな損をした人、逆に大きな利益を得た人、様々な投資家がいると思います。

きょうは、「スワップ派の失敗」がテーマです。

保有する通貨が急落すると、怖いものです。もっと下がるのではないかという恐怖感から、底値で買うゆとりを失い、相場の前に呆然と立ち尽くします。

そして早く恐怖感からは解放されたいという気持ちから、少し値を戻すと決済して、やれやれという投資家は多いと思います。もう少し、時間がたつと、外貨の相場がどんどん上昇して、「あの時、決済しないで我慢していたら、いまごろ儲かっていたのに!」という思いをすることもあります。

1年ほど前の私は、まさに、そんなFX投資家でした。きょうは、スワップ派を実践して失敗された方のコメントをご紹介して、スワップ派の危険性を分析したいと思います。

続きをご覧ください。→FXRankingの記事を読む

33位「為替王」さんが「株のベテランの方がFXで勝てる理由 」を徹底解説!人気ランキング
[必見!スワップ派が陥る失敗]の続きを読む
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング60位前後

やはり、予想通り、為替相場は円安基調で推移しています。日本はいま利上げできる状況にはないうえに、米国もこのところの原油価格の急騰でインフレ懸念が連想されます。ですから、日米の金利差を意識した取引が強まるというのが、ど素人投資家の相場観です。

この数日間のジェットコースター相場を傍観していたら、私の底探しの旅ファンドはいつのまにかスワップ金利収入が大台に乗っていました。このスワップ金利の増加こそ、私が最も充実感を感じる果実です。賛成→為替Ranking

やはり、投資の最大の敵は相場に翻弄される自分の心です。その心こそ落ち着いていれば、FXというのは短期間で2倍、3倍の利益が容易に得られる優れた投資です。

それでは、私の投資実績です。

続きをご覧ください。→為替Ranking

「大橋式FX常勝バイブル、検証と実践」で情報商材の賛否沸騰!人気ランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング60位前後

結局、昨夜から今朝にかけての円高はなんだったのだろうと思うほど、相場がすっかり元の水準に戻ってしまいました。

もともと、昨夜、バーナンキFRB議長の議会証言を控えて、不安を背景とした憶測的なドル売り円買いが進んだわけですが、やはり、想像した通り、バーナンキ議長は市場の地合を悪化させるような発言はしませんでした。

米国ではサブプライムローン(信用力の低い人向けローン)が問題視されていますが、パーナンキ議長はこの問題は制御可能という見通しを示しました。賛成→為替Ranking

そうなると、俄然、金利差に着目した円売り外国通貨買いの再登場です。こうした相場はすでに何度も予測してきたものですが、予測通り、相場が動くと、私も捨てたものではないな、という気持ちになってきます。

私の個人的見解は、続きをご覧ください。→為替Ranking

「大橋式FX常勝バイブル、検証と実践」で情報商材の賛否沸騰!人気ランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング60位前後

きょうの東京為替市場は、期末要因の輸入業者や投資信託によるドル買いも予想されましたが、海外のファンドがリパトリ(円の買い戻し)の動きを強め、円高基調で推移しました。

背景にあるのは、やはり、今夜のバーナンキFRB議長の議会証言ではないかと思います。バーナンキ議長がサブプライムローン問題に対して楽観的見方を示すのか、悲観的な見通しを示すのか。市場はその一点に目を凝らしています。賛成→為替Ranking

こうした激動を生みそうなイベントを前に、まずはポジションを中立にしておこうという意識が市場に広がり、円安ドル高に傾いていたポジションを引き戻したのではないでしょうか。

それでは、パーナンキ議長の議会証言後の相場はどうなるのでしょうか?

私の個人的見解は、続きをご覧ください。→為替Ranking

「大橋式FX常勝バイブル、検証と実践」で情報商材の賛否沸騰!人気ランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング60位前後

米国の新築住宅の建設数が芳しくなかったにもかかわらず、円売り・ドル買いの勢いは衰えません。しかも、NZドルは対円で85円台に急迫。ユーロも158円を突破しそうな勢いです。世界同時株安で急激な円高が進みましたが、ようやく、その直前の水準に戻りつつあります。底探しの旅の狙いが的中してきました。→為替Ranking

25日(日)の当ブログで、私は「今週は円キャリーに注目!」と題し、円キャリーがさらに活発化するかどうかがカギであると書きましたが、まさに金利差に着目した投資の勢いは健在です。

いろいろな見方がありますが、冷静に考えると、日本の低金利は当面続きそうですし、米国も強気・弱気が混在して、金融政策をただちに一方の方向に動かしづらい状況です。ですから、こういうときはひたすらスワップ稼ぎに入る局面です。

一方で、じっと為替利益が増えるのを待ちつつ、最も買価の高いポジションを利益確定することも大切です。自分のポジションが調整局面に耐えうる状況になっているのかどうか、私はさらに吟味を重ねていきたいと思います。

ただし、利益確定を焦ると、肝心のスワップ稼ぎのスピードが鈍りますので、そのへんのさじ加減は投資家個々の判断が重要になってきます。賛成→為替Ranking

というわけで、私の投資実績はとうとう大台に乗りました。

続きをご覧ください。→為替Ranking

「大橋式FX常勝バイブル、検証と実践」で情報商材の賛否沸騰!人気ランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング60位前後

相場のことですから、今後の値動きがどうなるか分かりませんが、現時点で言うと、今回の世界同時株安時の円高で実施した底探しの旅は成功でした。→為替Ranking

とくに、NZは現在84円台半ばまで上昇し、急落前の85.80円という水準に急迫しています。私が実施したNZドルの底探しは以下の通りです。(赤字が今回の急落相場で加わったポジション)

83円台 @1000 2枚←2枚決済←現在の相場(84.50円)
82円台 @1000 2枚←1枚決済
81円台 @1000 1枚
80円台 @1000 2枚
79円台 @1000 1枚
78円台 @1000 2枚
77円台 @1000 1枚

71円台 @1000 4枚 
70円台 @1000 3枚
69円台 @1000 2枚
68円台 @1000 2枚

83円台と82円台後半のポジションは決済し、利益を確定しましたので、現在、最も高いポジションは82.20円です。ここまできたら、あとはゆっくりスワップ収入を蓄積し、急落したら、再びスワップ収入を利用して買い増すという複利の法則を活用します。

急落で拾って、上昇で上位ポジを決済。再急落で拾って・・・こうした作業を何度も重ねることによって、より下落に強いファンドが出来上がることを期待しています。賛成→為替Ranking

というわけで、私の投資実績は急速に含み益が増えました。

続きをご覧ください。→為替Ranking

「大橋式FX常勝バイブル、検証と実践」で情報商材の賛否沸騰!人気ランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング60位前後

先週の為替相場をよ~く見ると、ドル円は騰がったり、下がったり、そして騰がるという落ち着きのない相場になりましたが、ランドや豪ドル、NZドルといった高金利通貨が上昇しています。

ということは、いろいろな市況解説でも指摘されていますが、ヘッジファンドが円キャリートレードを本格的に再開したとみてもいいのかもしれません。ただ、問題はこれからです。さらに、円キャリーが増えるのか、このへんが潮時なのか。その動向によって、ドル円が再び120円台を目指すのかどうかが決まりそうです。賛成→為替Ranking

ところで、24日付の日本経済新聞に「家計の資金余剰、企業超す」という記事が掲載されていました。最近はヘッジファンドの動向だけでなく、いまや、為替市場の主役に躍り出た個人の動向も視野に入れて投資することが重要になってきました。その意味では、家計資金の増加を伝える日経の記事は無視できません。賛成→為替Ranking

もう少し、分析したうえで、週明けの相場を展望したいと思います。

続きをご覧ください。→為替Ranking

「大橋式FX常勝バイブル、検証と実践」で情報商材の賛否沸騰!人気ランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング60位前後

外為市場は一時のドル急落相場から基調が変化し、とうとう1ドル118円を突破しました。一時は40万円台まで急減した私の含み益も86万円ほどに回復しています。

急落相場でしかロングポジションを追加しない「底探しの旅」は、こういう相場になると実に力強さを感じます。賛成→為替Ranking

FXの情報商材を購入して、その指示通りに投資したのに、今回の急落相場で損をした投資家が結構多かったようで、最近、ブログ上でも話題になっています。

私は以前にも申し上げましたが、情報商材は紹介しないことにしています。理由は、私自身、全く関心がないからです。そもそも、投資の世界に「絶対に勝てる方法」なんてありえないし、その不確実な情報に数万円も払うことは信じられない世界だからです。賛成→為替Ranking

投資は他人の言葉を信じて行うものではないし、自分自身で研究し、苦悩し、決断するものです。その結果は自己責任。負けたら、再挑戦。勝ったら、利益を再投資。こういう単純思考で、私は投資に取り組んでいます。

というのも、私は株式投資でもFX投資でも、嫌になるほどの損失を被ったことがあります。しかし、最も大切なことは市場から退場しないことだと学びました。そのためには、どうしたらいいのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

「大橋式FX常勝バイブル、検証と実践」で情報商材の賛否沸騰!人気ランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング60位前後

前回のブログで、私は「FOMCの政策金利発表後、円安相場になる」と申し上げましたが、予想通りの展開です。

私のスワップ収入もとうとう29万円台に増え、あとわずかで投資額の31万円と同額となります。このスワップ稼ぎこそ、私が実践している「底探しの旅」ファンドの最大目標で、遠回りなようで、実は最も確実な投資方法だと感じています。賛成→為替Ranking

基本的には日本円の金利は低金利という事実は変わらないわけで、いろいろな憶測や見方に揺さぶられることなく、各通貨の現実を踏まえ、骨太な投資を継続したいと思います。

というわけで、私の底探しの旅ですが、新たな局面を迎えました。果たして、どういう展開になったのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!FX生活したいというサラリーマンに為替王の答えは?人気ブログランキング30位

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング60位前後

あと数時間で米国のFOMCが政策金利を発表します。

金利据え置きという見方が強いようですので、問題はFOMCの発表後、相場はどんな動きをするのか?という点です。

そのポイントになりそうなのが、FOMCは米国の景気の現状や先行きをどう見ているかということです。弱含みなら利下げ観測の台頭→ドル安→株安という流れ。なお底堅いと見れば、当面は利下げなし観測→ドル高→株高という流れになるでしょう。

あえて、株価の動きまで含めて考えたのは、やはりFOMCといえども、金利の上げ下げや景況感の表明には株価も意識しているに違いないと思うからです。逆に言うと、一義的に為替変動を考えて景気認識を表明するとは思えません。賛成→為替Ranking

それでは、FOMCの政策金利発表後、私はどういう姿勢で相場に臨むのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!FX生活したいというサラリーマンに為替王の答えは?人気ブログランキング30位

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング60位前後

急落したときだけ購入し、相場が上昇したら、最も買価の高いポジションを決済し、次の急落相場で買い戻す。この繰り返しで平均買価を徐々に低くして、相場変動にビクともしない自己流FXファンドを構築する。

これが私の実践している「底探しの旅」ですが、おかげさまで、今回新たに購入したポジション(南アランド5枚・NZドル1.3枚)はプラ転となりました。

急落したときだけ購入しているので、当然の結果なのですが、急落しているときには、「当然」という気持ちにはなれないものなのです。むしろ、もっと下落して損をしたらどうしようという気持ちが心のどこかをよぎるのが人情です。

しかし、そこが投資家の判断が問われる局面です。→為替Ranking

「負けたらごめんなさい」「勝ったらやったー!」ぐらいの軽い気持ちで投資できる程度の資金で楽しむことが大切です。底探しの旅はとにかく放置投資ですから、最初の投資は小さく始めて、スワップが貯まってきたら再投資してポジションを広げていくのがコツです。

これだと、全てを失っても最初の投資額を捨てたと思えばいいのですから気が楽です。ただ、この投資法を始めて、まもなく1年になろうとしていますが、結構、いい線を行っています。

きょうは、私が底探しの旅を実践してみて、スワップ派にとって最適だと感じる口座を考えたいと思います。あと1ヶ月ほどで、ゴールデンウィークです。連休はFXを楽しむには絶好の休暇です。私が昨年、米ドルの永久ポジション(1ドル109円台)をゲットしたのもゴールデンウィークでした。それまでに準備を整えておきたいものです。

それでは、題して「FX口座、インプレッション!」

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!FX生活したいというサラリーマンに為替王の答えは?人気ブログランキング30位

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング60位前後

つい先ほど、夜9時半ごろ、米国の住宅着工件数(2月)が発表されました。市場予想の144.0万件に対し、発表は152.5万件と強い数字となりました。一方、建設許可件数は155.1万件の市場予想に対して153.2万件と弱い数字でした。

ただ、市場は3月22日(木)の早朝3時45分に発表される米FOMCの政策金利を見極めたいという空気が強いようで、大きな値動きにはなっていません。→為替Ranking

一方、オセアニア通貨は快調に上昇しています。豪州ドルが対ドルで過去最高値を更新しているのをはじめ、NZドルも対円で83円台目前まで上昇しています。

そんな、こんなで、一時期、含み益が+45万円まで減った私の底探しの旅ファンドも、含み益を大幅に回復しました。

その投資成績は続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!FX生活したいというサラリーマンに為替王の答えは?人気ブログランキング30位

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング60位前後

相場というのは、ときに大方の予想を裏切ってくれます。だから、面白いともいえます。私は「相場の先行きは神のみぞ知る」といい続けているのですが、それは投資を知れば知るほど、最終的には先読みが難しいと思うからです。

きょうの外為市場は、まさに、そんな相場でした。週明けの予想は、円高予想が大半でした。ですから、早朝の相場は、1ドル116.20円にドル急落で始まりましたが、いつの間にか、1ドル117円台で推移しています。

むしろ、ドルの底堅さを確認した相場でした。昼ごろ、市況解説を読んでいたら、「117円台から個人の外国為替証拠金取引でドル買いが強まり」なんていう記述を見て、改めて外為市場における個人の存在の大きさを実感しました。賛成→為替Ranking

最近、株式市場にしても「個人」という言葉をよく見かけるようになりました。東証の株価も上昇しましたが、株価の下落を見て個人の買い意欲が旺盛になったことが要因の一つです。一方で、日本の新興市場では個人の買いが少ないともいいます。個人が信頼できる銘柄や市場をしっかり選別している様子がうかがえます。

いまや、個人の信頼を失った市場や企業は、しっぺ返しに合う時代になりました。その意味では市場の民主主義が進んだと思うのですが、皆さんはどう思いますか?賛成→為替Ranking

というわけで、私の損益ですが、さらに改善しました。

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!FX生活したいというサラリーマンに為替王の答えは?人気ブログランキング30位

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング60位前後

私が実践している「底探しの旅」ですが、注目されている投資家がとても多いようです。昨日、底探しの旅を実践する際の心構えについて書きました。さっそく読者の方から、いくつか質問をいただきました。

とても、大切な質問ですから、きょうはご紹介したいと思います。→為替Ranking

まずは、「親父」さんからのご質問です。

はじめまして。いつも楽しみに拝見させてもらってます。
底探しの旅に非常に関心があります。
質問なのですが、NZD/円を底探しの旅を再スタートされましたが、確か以前のルールですと、現在のポジションより高値では、ポジションをとらない、というものであったと思うのですが、このルールでいくと、71円を切らないと、ポジションを取れないのでは?と思ったのですが・・・80円台から再スタートされた動機みたいものを教えてほしいのですが。今後の参考のため、是非お願いします。

そうなんですよ。今回のNZドルは、80円台という高いポジションから始めました。なぜなのか?

その理由は続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!FX生活したいというサラリーマンに為替王の答えは?人気ブログランキング30位

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング60位前後

FXにはいろいろな投資法がありますが、私は最近、もしかしたら、私が実践している「底探しの旅」は相当、いい線を行っていると感じています。

相場が急落したときだけ買う。相場が急騰したら、最も買価の高いポジションを決済して、急落したときの原資として回収する。その作業を続けているうちに、平均買価が下がり、急落にビクともしない「底探しの旅ファンド」が完成するというものです。→為替Ranking

よくよく考えると、急落したときだけ買うのですから、「騰がったものは必ず下がる。下がったものは必ず騰がる」という相場の原則からすると、儲かるのは当たりまえです。

にも関わらず、なぜ損をする人がいるのか?

その理由は続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!FX生活したいというサラリーマンに為替王の答えは?人気ブログランキング30位

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング77位前後

きょうの日本経済新聞朝刊6面に興味深い記事が掲載されていました。

見出しは「個人、円高の抑止力に」というもので、外為市場では個人投資家が政府や企業に代わって存在感を増しているという記事です。

かつては日本銀行が輸出企業のダメージを軽減するため、円高阻止の市場介入が頻繁にみられたものですが、きょう16日で日銀が市場介入をやめて丸3年になるそうです。

それにもかかわらず、円高が進行せず、むしろ為替市場がドル高基調で推移しているのは、個人投資家の外貨投資が円高を阻止するという構図が定着しているため。

ヘッジがドル売り・円買いを仕掛けても、最近は115円付近ではじき返され、118円台ほどまで値を戻す展開が繰り返されています。

個人投資家の外貨投資が日本の輸出企業や景気を支えるという、政府にとっては理想的な状況になっているわけです。

ですから、FX投資の税金を軽減するとか、確定申告ではなく源泉徴収にして利便性を高めて欲しいですね。煩わしい確定申告を終えて、つくづく感じますね。賛成→為替Ranking

というわけで、私の投資実績ですが、つい、この間、45万円ほどの利益でしたが、きょうは65万円に増えています。そして、スワップ金利も大台に乗りました。

続きをご覧ください。→為替Ranking

1位のダメおやじさんが驚きの損益結果を公表!人気ブログランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング77位前後

米国の住宅需要の下振れを発端とする円の独歩高が進んでいます。せっかく1ドル=118円台まで上昇した米ドルが、きょうは115円台まで急落しました。

こういう相場で虎視眈々と冷静にチャンスを狙えるようになれば、相当なFX投資家です。怖がったり、自暴自棄になったりすると、相場の急変に翻弄されます。

損をした投資家は、ちょっと相場を傍観して頭を冷やし、これからFXを始める方は暴騰からドルのバーゲンセールが到来したかもしれないという気持ちで、この相場に臨むチャンスかもしれません。賛成→為替Ranking

さて、今回は前回の円高に引き続き、ポジションを拡大するべく戦略を検討中です。前回はNZドルと南アランドを仕込みましたが、今度はどうするべきなのか?もう一点は、今回の相場で反省点も見つかりました。

その話は続きをご覧ください。→為替Ranking

1位のダメおやじさんが驚きの損益結果を公表!人気ブログランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング77位前後

「騰がったものは必ず下がる。下がったものは必ず騰がる」。そして、きょうは騰がったドルが下がっています。1ドル117円台まで上昇した米ドルですが、現在は117円台をあっさり割り込み、116円台後半で推移しています。

ただ、「底探しの旅」ファンドは、為替差益は気にせず、毎日、コツコツとスワップ金利を積み上げるのが目標です。円高がオーバーシュートしたときには、ポジションを増やすチャンスというスタンスで臨みます。賛成→為替Ranking

ところで、今回の円高はどう理解したらいいのでしょうか?

損益結果は続きをご覧ください。→為替Ranking

1位のダメおやじさんが驚きの損益結果を公表!人気ブログランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング77位前後

「騰がったものは必ず下がる。下がったものは必ず騰がる」。これは投資の鉄則ですが、何気なく実践している底探しの旅は、実は、この鉄則に沿ったものといえます。

もちろん、底探しの旅の目的はスワップ稼ぎ。為替差益で儲けるのは二義的なものです。しかし、スワップ金利を安定的に稼ぐためには、いかに低い買価でポートフォリオを形成しているかという点が大切です。ですから、バーゲンセールで外貨をゲットすることがリスク軽減につながると考えてポジションを増やしていくことが重要です。賛成→為替Ranking

しかし、投資というのはおかしなもので、高く買って安く売りがちです。安く買って高く売らないと儲からないということが分かっていながら、その逆になってしまうのは、それはどうしてなのか?

それは人間の集団心理のなせる業なのかもしれません。上昇相場になると買いたくなるし、下落相場だと買うのが怖くなります。この心理と逆に投資行動する癖がつくと、ど素人の個人投資家でもバフェットに近づくことができます。賛成→為替Ranking

今現在、さすがに米ドルはやや下落していますが、これは急激に反発したことによる調整なのかもしれません。それでも、私の損益は大幅に改善しました。

その損益結果は続きをご覧ください。→為替Ranking

1位のダメおやじさんが驚きの損益結果を公表!人気ブログランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが円高局面で失敗!為替ランキング77位前後

市場は1週間前とは様変わりして、円安の進行を予想する見方が大勢となりました。相場というのは、こういうものです。数日にして、空気が様変わりします。ですから、日々の相場に振り回されないポジション形成が大切です。→為替Ranking

その方法は、これまで何度も書いてきましたので、また時期を見て解説したいと思います。

きょうのテーマは、今後の相場のカギを握る「ヘッジファンドの動きを分析」です。もちろん、ヘッジファンドの動きはベールに包まれていますから、どんな動きをしていて、今後、どんな動きをしようとしているのか、正確に把握することは誰にも出来ません。

しかし、私はシカゴ先物市場で投機筋がどんな円の建て玉をもっているのか、その推移を見ながら、今後の動きを予測するようにしています。それでは、本題に入りたいと思います。

続きをご覧ください。→為替Ranking

1位のダメおやじさんが驚きの損益結果を公表!人気ブログランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが大ピンチから脱出!為替ランキング77位前後

市場の基調は円買い・円高相場から、円売り・円安に変化したようです。雇用情勢の海瀬印から米国の経済の底堅さが確認されたという見方が台頭し、米ドルは118円台に回復しました。他の通貨も軒並み、上昇し、つい先日の円高相場を忘れたかのように急騰しています。

私は今回の暴落相場でバーゲンセールしていたNZドルとランドを購入しましたが、頼もしい含み益を実らせています。もっとも、私は為替損益はまったく無視しています。注目しているのはスワップ金利だけ。そのスワップ金利も1日1700円、合計で27万円を突破しました。

私が実践している「底探しの旅」は、突き詰めるとバーゲンセールでしか買わない投資法です。その投資法が正解かどうか10年後に結果がでると思います。投資額は31万円。失っても構わない余裕資金ですから、のんびりした気持ちで実践しています。

さて、私の投資実績はどこまで回復したのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

1位のダメおやじさんが驚きの損益結果を公表!人気ブログランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが大ピンチから脱出!為替ランキング77位前後

為替市場は落ち着きを取り戻したようです。各通貨ともMACDが美しい買いサインが点灯しました。NZドルと南アフリカランドの底探しの旅も新しいポジションがプラスに転じてきました。

全体損益も、また10万円ほど増えています。やはり、暴落したときに買いに入るというのは、なかなかリスクが少なくていいですね。

私の損益実績は続きをご覧ください。→為替Ranking

1位のダメおやじさんが驚きの損益結果を公表!人気ブログランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが大ピンチから脱出!為替ランキング77位前後

ようやく為替市場は落ち着きを取り戻し、しかも米ドルは116円台を固め、117円の壁に挑戦しています。ここを突き抜けると、急速にドル高が進む可能性もあるとみています。

一方、NZドルは他の通貨よりも元気です。私が再開したNZドルの底探しの旅ですが、順調に損益を好転させています。

私の損益実績は続きをご覧ください。→為替Ranking

1位のダメおやじさんが驚きの損益結果を公表!人気ブログランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが大ピンチから脱出!為替ランキング77位前後

ようやく為替市場は落ち着きを取り戻しました。米ドルも対円で115円台から116円台に反発。NZドルも1円40銭ほど上昇に転じています。

これに歩調を合わせるように、本日の中国株市場も急反発し、今夜のNY株式市場の相場が焦点となってきました。

騰がったものは必ず下がるし、下がったものは必ず騰がるのが相場の常です。その意味では、必ず底打ちのときが来ます。あせらず、ゆっくり底探しの旅を続けたいと思います。

今回の急落相場で底探しの旅を実施したのはNZドル。昨日、新たに77円台で1000通貨が約定し、現在は79円台で相場が推移しています。あとは確実視されている利上げの実施を期待したいと思います。

円高が続いた為替相場もようやく反発し、私の損益は昨日と比べて約10万円増えました。

私の損益実績は続きをご覧ください。→為替Ranking

1位のダメおやじさんが驚きの損益結果を公表!人気ブログランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが大ピンチから脱出!為替ランキング77位前後

まだまだ円キャリートレードの巻き戻しは終わっていませんでしたね。きょうも円が急騰し、ドル円はとうとう115円台前半まで下落しました。私はNZドルの底探しの旅を再開していますが、ポジションは順調に増えています。

もちろん、新たなポジションは含み損が拡大していますが、気にしません。むしろ、スワップ金利が増えることを喜びとすることが「底探しの旅」の勘所です。リスク管理については昨日のブログで書きましたので、ご覧になってください。

ところで、きょうは、もうひとつ、予想外のことが発生しました。

続きをご覧ください。→為替Ranking

1位のダメおやじさんが驚きの損益結果を公表!人気ブログランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが大ピンチから脱出!為替ランキング77位前後

きょうは真っ青な空が広がっています。夕べはスポーツクラブで汗を流したせいか、爽やかな目覚めでした。

その爽やかな目でいろいろなブログをみていると、「米ドルが暴落というけど、騰落率はたったの-3%。こんなのは暴落や急落とはいわない。ちょっと大げさではないか」という解説を目にしました。

「なるほど」と思いました。確かに、各種相場で3%程度の騰落は日常茶飯事です。これで驚いていたら、投資なんてやってはいられません。賛同は→為替Ranking

ただ、FXの場合、レバレッジをかけていますから、たとえ3%の下落でも投資額に対する騰落率はレバレッジ10倍なら-30%、レバレッジ50倍なら-150%、レバ100倍は-300%、レバ200倍は-600%となります。

米ドルが120円台で推移していたときに、私はレバレッジを1倍から50倍まで自由に選択できるFXプライムを紹介したのも、こうした事態を危惧していたからです。(この記事です

米ドルが高いときには、レバレッジ3~10倍ぐらいで投資して下落に強い構えをつくり、米ドルが急落したときにはレバレッジ20~50倍で資金の効率性を意識した投資をすることができます。こうしたポジションを構築してスワップ金利を稼ぎながら相場の反転をゆっくり待つというのが、スワップ派の王道です。

伊藤忠商事グループのFXプライムは2月19日にメガバンク・三菱東京UFJグループと提携すると発表し、しかも増資によって頑強な財務体質を一層強化するといいます。ここは南アフリカランドも扱っているし、今後、伸びてきそうなFX会社です。

さて、きょうは前回のブログでお約束したテーマについて書きたいと思います。円が全面高で推移した先週の相場ですが、週明けはどんな相場になるのか?そして、私の投資方針はどうなるのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

25位の「為替王」さんがスワップ派とスイング派を解説!人気ブログランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが大ピンチから脱出!為替ランキング77位前後

米ドルが116円台まで下落し、スワップ派にとっては魅力的な水準になってきました。底探しの旅に入るにはちょうど手ごろな感じかもしれません。

私はすでにNZドルで底探しをしていますが、いったん、底探しの旅を始めると、下落すればするほど低い買価のポジションが増えていきますから、一時的な含み損は増えますが、達成感のようなものが高まってきます。

ところで、夕べは手数料無料口座を使って、デイトレ三昧でした。底探しの旅は買い注文予約を入れるだけなので放置状態です。ですから、手持ち無沙汰なので、デイトレで遊んでみたのですが、驚くような結果となりました。

チャートの動きの逆逆にロングポジやショートポジを持って、決済予約を入れて、ただ待つだけというシンプルなトレードですが、面白いように勝てました。→為替Ranking

そのトレード結果は続きをご覧ください。→為替Ranking

25位の「為替王」さんがスワップ派とスイング派を解説!人気ブログランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが大ピンチから脱出!為替ランキング77位前後

底探しの旅は3日目になりました。NZドルの底探しは順調に進んでいます。というよりも、1円下落するごとに機械的に2000通貨買い増しているのですが、他の通貨よりも下落幅が大きいため、買い増しが順調に進んでいるのが実情です。→為替Ranking

このため、一時的には損益が大幅に悪化しますが、それは想定内です。一時的な損益よりも買い増すことによるスワップ収入の増加を目的とするのが底探しの旅の勘所です。

では、どのくらいポジションが増えて、含み益はどうなったのか。

続きをご覧ください。→為替Ranking

25位の「為替王」さんがスワップ派とスイング派を解説!人気ブログランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

元金6000円のレバ200倍ブロガーが大ピンチから脱出!為替ランキング77位前後

もしも、理想的なポジションがあるとすれば、5円程度の下落でも平然としていられるポジションではないでしょうか。その理想に向けた挑戦が、当ブログが実践し追求している「底探しの旅」なのです。

私の損益は、外貨の急落(円急騰)前は100万円を超えていましたが、いま現在、+75万円に減少しました。つまり、25万円ほど減った計算になります。→為替Ranking

しかし、底探しの旅の目標はあくまでスワップ収入です。ですから、為替変動はまったく気になりません。それもこれも暴落時に果敢にロングポジションを取りに行ったリスク料だと思っています。

それでは、急落で含み益が減ったものの、なおも75万円の利益で推移している実績状況はどんな感じなのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

25位の「為替王」さんがスワップ派とスイング派を解説!人気ブログランキング

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。