2007年08月

2007年08月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

徐々に、サブプライム問題に揺さぶられた相場が収束に向かいつつあるようです。世界の株式市場はジワリジワリと上昇に転じ、歩調を合わせるように為替相場も徐々に円安相場にトレンドが変化しています。

2週間前に111円台まで下落した米ドル円も、とうとう116円台に戻しました。急落相場は戻りもまた早いのが特徴です。

そして、まもなく31日夜9時半に、米国では7月のPCEコア・デフレーターが発表されます。これは、食料品とエネルギーを除いた個人消費支出の物価指数で、FRBが最も重視するインフレ指標のひとつです。(8月28日のブログ参照)

この数字次第では、為替は大きく変動します。ですから、今夜は高レバレッジの口座を使ってFXを楽しみたいと思っています。

ところで、急落相場に限定してロングポジションを仕込むという、私の底探しの旅ファンドですが、スワップ収入がとうとう大台に到達しました。

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!9位のブログに「スワップ派が破産しやすいワケ」為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後
[スワップ収入が30万円突破!]の続きを読む
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

やはり、騰がったものは下がりました。

私の「底探しの旅」ファンドの中で、唯一、今月中旬の急落相場で仕込むことができなかったドル円ですが、本日、ようやく114円台と115円台の注文が約定していました。

さらに、113円台以下でも注文を入れたままにしています。一時的に含み益が減少する円高は大歓迎。こうした含み損を抱えながらの仕込み作業がなければ、今後の大きな利益は生まれてきません。

それでは、私の注文状況と約定状況はどういう布陣なのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

為替王に自己資金600万円を失った投資家から投書為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング25位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

為替相場はドル円が116円台から115円台に下落したものの、大きな変動もなく、今後の方向感を探っているかのようです。

先の円急騰の際に111円台や112円台で仕込めた投資家は更なる円安を期待しているでしょうし、仕込みそびれた投資家は円高の再来を望んでいるかもしれません。

そうした今後の為替相場を占う要因はまずは株価なのでしょうが、もうひとつは米国が利下げを実施するか否かという点です。米国の金融政策次第では、FX投資家にビックチャンスが待ち受けています。

そのビックチャンスを手中に収めるためにも、米国の利下げの可能性を探るポイントを整理しておきたいと思います。

続きをご覧ください。→為替Ranking

為替王に自己資金600万円を失った投資家から投書為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング25位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

ドル円は116円台前半で安定しています。しかし、世界の市場を見渡してみると、若干、変化も見えます。

日経平均は小幅上昇にとどまる一方で、BRICsが好調。香港市場は過去最高値を更新しました。為替もクロス円ではオセアニア通貨や南アランドが強含み、新興市場が活気付いてきたようにもみえます。

幸運にも、ランドとNZドルを保有していたので、為替差益は膨らみました。というわけで、私の投資差益を集計しました。

続きをご覧ください。→為替Ranking

為替王に自己資金600万円を失った投資家から投書為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング25位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

本日2度目の投稿です。

前回は、私のドル円投資戦略とスワップ派には必須の技術「擬似ショート」について解説しました。本稿では、今週の相場を大胆に展望してみたいと思います。

今週の相場は、今後のトレンドを決定づける1週間になるかもしれません。

日本の個人投資家はドル円が117円以上に上昇したら、ロングポジは避けるでしょうし、かといって113円や114円といった水準まで円高が進んだら、積極的にロングポジを買いに行くのではないかと想像しています。

ということはドル円は上にも下にも動きづらい相場になるのでしょうか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

為替王に自己資金600万円を失った投資家から投書為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング25位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

この1週間ほどでドル円は111円台から117円台まで上昇しました。111円台まで急落したときにロングポジの個人投資家が不安になったように、1111円台や112円台でショートポジを持った欧米ファンドは、いまごろ大慌てしているかもしれません。

ですから、FX投資というのは勝ち続けることはありえないし、負け続けることもないのです。大切なことは、投資資金をすべて失って市場から退場しないことです。

そのために、どうしたらいいのか。昨日の記事は、そういうことを念頭に書かせていただきました。

ところで、為替市場は先週、ドル円がサブプライムローン問題で暴落する直前の水準まで戻しました。さすがに、117円台では円高警戒感もあって押し戻されましたが、為替相場はようやく中立の水準に立ったと思っています。

その意味では、この週明けから円高か円安か、どちらの方向に向かうのか?とても気になる1週間となります。

そうした1週間を前に、どんな投資戦略で臨むのか。私の投資戦略をご紹介したいと思います。

続きをご覧ください。→為替Ranking

為替王に自己資金600万円を失った投資家から投書為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング25位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

本日2度目の投稿となります。

急激な円高相場が一服して、今回の相場で投資資金を失った人たちの声があちこちで散見されるようになりました。たとえば、為替Rankingの30位前後の為替王さんのブログにいろいろな投書が掲載されています。

今回の円高相場で投資資金を失った人たちに共通しているのは、「ストップロスを設定していなかった」「円安局面でスワップ収入を増やそうと欲が出て、調子に乗ってロングポジションを増やしていた」ことなどです。

しかし、こうした負け方をしている人は「弊ブログを毎日熱心に読んでいただけたら、決して投資資金を全額失うことはなかったのに」と自分のことのように悔しくなります。

たとえば、円安が進行して、スワップ派が自分の含み益の増え方に大満足していた7月14日のブログを読んでいたら、いまごろ、すぐに残った資金でロングポジションを再構築して利益を手にしていたでしょう。

本当に残念です。

いうわけで、本稿は「FXで勝つ人・負ける人」について考えてみたいと思います。

続きをご覧ください。→為替Ranking

為替王に自己資金600万円を失った投資家から投書為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

この数日間、投資のことは一切忘れて、旅行していたら、今週末はドル円が116円台まで戻してしまいました。急落相場は戻りも早いという典型的な為替相場となりました。

きっと、「こんなに早く相場が戻るなら、損切りするんじゃなかった」とか、「追証を入れてでも我慢したら良かった」と思っている投資家も多いでしょうね。

しかし、それは結果論です。これまで何度か円急騰相場を経験しましたが、円急騰が一服すると、戻るスピードはとても速いものがあります。ましてや、世界には信じられないほどの巨額の資金を動かしている投資家やファンドが存在します。

ここをチャンスと見て、外貨を底値買いしているのかもしれません。

最近、日本の個人投資家は今回の円急騰相場に直面しリスクに怯えて積極的にロングポジションを購入していないという記事を読みました。「さもありなん」と思いました。

しかし、その記事を読んで、少し不安になりました。

それは何か?

続きをご覧ください。→為替Ranking

為替王に自己資金600万円を失った投資家から投書為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

旅行のため、相場から3日間離れていました。投資のことは忘れて気分をリフレッシュしたいと思ったので、この3日間、何が起こったのかも分かりません。

ただ、旅行から帰ってチャートを見ると、とうとうドル円が116円台まで回復するほど急速に円安が進んだようですね。

やはり、下がったものは必ず騰がります。

ですから、急落したときに恐怖感に耐えて、いかに仕込んだかが勝負の分かれ目です。急落したときに仕込めず、円安相場が急速に進んだときに仕込むと、実は急落相場以上にリスクが大きいものです。

投資は自己責任なので、どういう取引をしようと個人の自由ですが、好調相場こそリスクが拡大していることを肝に銘じながら取引しなくてはいけないと自分に言い聞かせています。

というわけで、きょうは久しぶりに底探しの旅の損益状況を集計してみました。

続きをご覧ください。→為替Ranking

為替王に自己資金600万円を失った投資家から投書為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

まだ予断は許さない状況ですが、為替相場はようやく落ち着きを取り戻しました。一時は騒然とした円高局面ですが、落ち着いてみると114円台前後の水準で推移しています。

しかし、まだ安心はできません。

米証券取引委員会(SEC)が、米国のサブプライムローンの損失はどのくらいになるのか、実態調査を進めていて、今後、バッドニュース→株価下落→円高再燃という事態も消えたわけではありません。

8月は、将来に向けた最大の勝負どころとなりそうです。それでは、現在のような不安定な相場が続いているとき、どうしたらいいのでしょうか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

為替王に自己資金600万円を失った投資家から投書為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

先週末のNY株式市場の急反発を受けてアジア市場も急騰相場となりました。外為市場も、それに歩調を合わせて、ドル円は先週末に111円台を記録したあと急反発し、現在は115円台前半で推移しています。

急激な円高時もじっとロングポジションを持って耐えた投資家は、おそらく、いまごろホッとしていると思います。

「下がったものは必ず騰がる!」

やはり、この大原則を信じて投資することが大切ですね。投資の儲けは恐怖に耐えた分だけ返ってきます。これはFXに限らず、株式投資でも同じです。

というわけで、先週から再開した私の「底探しの旅」ですが、本日、損益状況を集計しました。

続きをご覧ください。→為替Ranking

為替王に自己資金600万円を失った投資家から投書為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

前回の投稿では、今週の展望について書きました。今回は実践編。「私はどうするか?」ということがテーマです。

株式相場は下がるだけ下がって、円の買い戻しも戻せるだけ戻した先週1週間で、各種相場は投資家に巨額の損失と巨額の利益をもたらしました。

いろいろなポジションを一掃して始まる、今週1週間は、大げさな表現を使うと今年の世界の景気動向さえも占う1週間といっていいでしょう。

為替相場は日銀の利上げ見送りを織り込み、あとは株価が安定的上昇気流に乗るのか、それともなおも不安定な相場を続けるのか。その温度変化を観察し、その気温の変化に応じた相場を繰り返すでしょう。

こうした先行き不透明な気分に覆われたときこそ、底探しの旅は新たなポジションを仕込むチャンスと見ます。

というわけで、きょうは唯一、ノーポジのドル円の買い注文を出しました。レバレッジも少し変化をつけた注文方法を採用しました。

続きをご覧ください。→為替Ranking

為替王に自己資金600万円を失った投資家から投書為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

FX投資家は、この春から続いた円安で相当な利益を得ました。一方、今回の急速な円高でFX投資家は、どのくらいの損失を受けたのでしょうか。

朝日新聞によると、14~16日の3日間で約3兆6000億円だったそうです。今年前半の利益に比べて、今回の損失額は多いのか、少ないのか、評価は分かりませんが、アナリストの一人は「115円を突破したあたりで、個人が我慢できずに損切りを始めて、円高が急速に進み、パニック状態になった」と分析しています。

確かに、115円あたりからの円高の進み具合は物凄い勢いでした。以前にも書いたと思うのですが、115円というのは日本の輸出関連企業の採算ライン(想定レート)で、その意味でも心理的抵抗線でした。ここを割り込んだというのは投資家にも焦りを生んだのかもしれません。

市場というのは、一度、パニックを経験すると、徐々に落ち着いていきます。先週末、欧米の株式市場が大幅反発したことを受けて、いよいよ週明けの各種相場が始まります。まずは東京、香港の株式市場が焦点です。そして、FX投資家が注目する為替相場はどうなるか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

為替王に自己資金600万円を失った投資家から投書為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

本日2度目の投稿です。

さきほどは「急落相場の教訓と今後の投資方針」について書きましたが、本稿は今後の投資方針をもう少し掘り下げてみたいと思います。

まずは週明けの相場ですが、米国の公定歩合引き下げで欧米の株式市場が急反発し、ドル円も111円台から114円台に急激に戻しましたので、やや円売り・ドル買い基調で始まりそうです。

しかし、米国の公定歩合が0.5%引き下げられたからと言っても、肝心の信用収縮懸念は完全に消え去ったわけではありません。また、いつ、サブプライムローン問題を材料にした相場が再燃するか予断は許されない状況です。

ですから、いま、私は2つの投資方針の間で揺れています。それは、いったい、なにか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

為替王に自己資金600万円を失った投資家から投書為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

週末、米FRBが公定歩合の0.5%引き下げを発表し、それを好感してNY株式が大幅反発。株高を見てドル円も114円台まで急反発しました。

きのうは111円台に急落したあと、114円台に急反発するという激しい相場になりました。これに伴って、他の通貨も急反発し、私の保有する全てのロングポジションの損益がプラスに転じています。

一方、リスクヘッジのために入れていたドル円のショートポジはストップにひっかかっていました。このコストは保険料だと思っています。

さて、今回の急落相場はヘッジファンドの円キャリートレードの手仕舞い(円買い)が殺到したことや米国債の償還に伴う円買い、さらには日本がお盆で薄商いになったことから、急速に円高が進みました。

やはり、年末とお盆は要注意です。

そこで、今回の急落相場で得た教訓と、今後の投資方針について考えてみました。

続きをご覧ください。→為替Ranking

為替王のブログに円高で大損した投資家の声為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

それにしても、最近の為替相場は過剰反応ですね。

けさ、口座をのぞいたら、米ドルとNZドルはすべてストップロスに突き刺さって約定。南アランドとユーロには、ストップを入れていなかったので、現在も健在です。

ただ、今回はストップロスを入れていたので、2005年暮れのように口座が空っぽになることもなく、すぐに態勢を組みなおして、底探しを再スタートさせています。

投資の最大のポイントは決して退場しないことです。どんな局面が来ても、相場の損は相場で勝ち取るという姿勢が大切だと考えています。

そして、きょうの急落相場で、さっそくNZドルと南アランドが約定し、底探しの再構築が始まりました。

私のポジションは続きをご覧ください。→為替Ranking

「円キャリートレード解消による円高は真っ赤なウソ!」
為替王が興味深い分析
為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

いやはや 凄い円高ですねえ。

米ドルは一日で2円以上の円高、NZドルに至っては6円以上の円高と、物凄い勢いです。

この急速な円高で、私の買い注文はボロボロ約定し、一方でNZドルは一部のポジションがストップロスに突き刺さっていました。

これが相場です。何が起こるか分かりません。しかし、厭戦ムードが漂ったときに急速に反転する可能性もありますから、ここで気を抜かないようにしたいと思います。

スワップ派の私としては、ここはじっと我慢の相場です、一方で、高レバレッジの口座には、ロングポジションのリスクカバーとして、ショートを入れていたのですが、あっという間に10万円ほどの利益が乗っていました。

しかし、ここから調子に乗って新たなショートポジを持つのは危険なので、ここはしばらくショートは利益を確定して様子を見ることにしました。

それでは、本日の約定です。

続きをご覧ください。→為替Ranking

「円キャリートレード解消による円高は真っ赤なウソ!」
為替王が興味深い分析
為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

一段と円高が進みました。

昨夜のNY株式市場の下落。それを受けての中国や日本の株価下落から、円高が急速に進みました。

サブプライム問題に端を発した株式市場の連鎖的な下落は、どこまで進むのか、不透明な状況ですが、「下がったものは必ず騰がる」のが相場の常です。

こういう時は、焦らず、じっくりとロングポジションを仕込み続けたいと思いますが、それにしても、きょうは注文予約していたロングポジションがボロボロと約定していました。

しかも、米ドル、NZドル、ともにポジションが増えました。その増えたポジションと、その結果増えた毎日のスワップ収入を集計してみました。

続きをご覧ください。→為替Ranking

「円キャリートレード解消による円高は真っ赤なウソ!」
為替王が興味深い分析
為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

NZドルが面白い展開になっています。

2弱通貨といえば、米ドルと日本円でしたが、本日は、その2通貨が強く、他の通貨が弱いという珍しい相場になりました。

とくに、クロス円は、ドル円が堅調で、あとは軒並み下落。とくに、NZドルは14日早朝、87円台半ばから85.85円まで急落し、夜には86.50円前後まで戻しましたが、それでも、けさの水準からは1円前後の円高です。

早朝発表された6月の小売売上高が前月比-0.4%で、市場予想の+0.4%や5月の売上高+1.2%という水準から大きく落ち込んだことが売り材料となったようです。

NZドルは個人投資家に人気の高金利通貨ですから、きょうの値動きは気になります。

というわけで、NZドルも大きな位置を占めている私の「底探しの旅」はどうなったでしょうか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

「円キャリートレード解消による円高は真っ赤なウソ!」
為替王が興味深い分析
為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

注目された日本や香港などアジアの株式市場は総じて上昇して取引を終えました。

今後の焦点は、もちろん、欧米の株式市場です。ここで株価が上昇すれば、翌日のアジア株式市場も自信を持って買い優勢の相場に復帰。為替相場も円高相場を一服させる可能性があります。

ただ、日本時間の19時現在、ドル円は118円台を割り込んで、117.80円台で推移しています。いまのところは、昨日の大胆展望の流れ通りなのですが、117円台でショートポジは少し危険な感じもしますね。

今夜の欧米株式市場が上昇すると、118円台半ばまで急激な円安も考えないといけませんから。ここはよく相場を見る必要がありそうです。

そうした円高が進んでいるなかで、久しぶりに投資実績を集計しました。

続きをご覧ください。→為替Ranking

「円キャリートレード解消による円高は真っ赤なウソ!」
為替王が興味深い分析
為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

米国のサブプライム問題が各国の信用不安を高めた週末、NY株式市場はFRBの登場で小幅下落にとどまり、為替市場もドル円が117円台から118.40円に反発して取引を終えました。

やや安堵感も漂っていますが、さて、今週はどういう相場になるのでしょうか。

今週も値幅の大きな相場になりそうなのです。ということは、FX投資家にとってはリスクとともに大儲けするチャンスが到来することも意味します。

円高が再燃するのか?それともドルが急反発するのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

「円キャリートレード解消による円高は真っ赤なウソ!」
為替王が興味深い分析
為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

本日2度目の投稿です。今回はFX投資の実践的な考察です。

昨日、バンドルネーム・親父さんから貴重なご質問をいただきました。まずは、それをご覧ください。

件名 : ご質問

大変ご無沙汰しております
またいつも有益な情報をありがとうございます。

1日の受取スワップが2000円超えたのですね。

おめでとうございます
底値でポジションをもつ強みですね

さて、質問したいことがございます

底探しの旅でポジションを取り始める時に円高局面で仕込むわけですから、最悪のケースを考えると、10円下げなど万に一の確率でもあると思うのですが、ひとつのポジションに対してどれくらいのレバレッジ(下落幅の想定)でされているのでしょうか?

私の場合は一つにつきレバレッジ3倍以下にしていますので、現在の米ドルですとひとつポジションをとるのに、約40万円準備しておかないと不安になります。

ただ安全にはこしたことがないのですが、資金効率はかなりわるいので
1円下落ごとに仕込むにはレバレッジをあげる必要があります

貴殿の仕込み時のレバレッジを教えていただけると幸いです。

これからも、がんばってください
応援しています。


親父さん、ありがとうございました。

FX投資で気になることのひとつに、どの程度のレバレッジで投資したら良いかということがあります。レバレッジが高すぎると、急落したときに強制決済され、下落リスクに弱いポジションになります。一方、レバレッジが低いと多額の資金が必要になって資金効率が悪くなります。

それでは、私の「底探しの旅」は、どんなレバレッジで実践しているのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

「円キャリートレード解消による円高は真っ赤なウソ!」
為替王が興味深い分析
為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

昨日は、とても激しく、スリリングに富んだ相場でした。私は傍観していることができず、手数料無料の高レバレッジ口座で何度もデイトレしてしまいました。収支はトントンというところでしたが、いやあ、楽しめました。

ところで、昨日の為替相場ですが、ドル円は118円台前半でスタート。アジアの株式市場がサブプライム問題による信用収縮不安から軒並み下落したのを見て、為替相場は117.20円直前まで急落しました。

夜になると、欧州株も大幅下落、米国のNY株式市場も株価先物が大幅下落だったため、欧州中央銀行(ECB)や米連邦準備理事会(FRB)が相次いで巨額の資金供給を実施。FRBは2001年のテロ直後以来となる緊急声明を発表し、1日で3度の公開市場操作(オペ)という迫力でした。

しかも、各国の中央銀行が市場動向を監視する姿勢を表明したことから、NY株式市場は急速に下げ幅を縮小。ドル円も117.25円から、あっという間に118円台後半まで反発したのは圧巻でした。

世界の中央銀行が連携して、市場に立ち向かうときの迫力と市場の動きは見ごたえがありますね。きのう、昼過ぎに書いたブログでも、中央銀行の動きに注目した記事を書きましたが、やはり、夜になって本格始動しましたね。

さて、週明けは、どういう相場になるのでしょうか。

続きをご覧ください。→為替Ranking

「円キャリートレード解消による円高は真っ赤なウソ!」
為替王が興味深い分析
為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

またまたサブプライム不安です。

信用力の低い人たちに対する住宅ローンの焦げ付き問題で、円キャリートレードの解消が進むという観測から、円の全面高が進行しています。

ドル円は本日午前中、117円台に突入。昼前に118円台に反発し、118円前後でもみ合いを続けています。

株式もNY株式市場が急落、東証や香港なども下落で始まりました。

こうした市場が乱れているときこそ、じっくりロングポジションを仕込んでいきたいものです。米ドルはもちろん、オセアニアなど高金利通貨の下落もきついようで、本日、私の底探しの旅は、新たにNZドルが88円台で約定していました。

ただ、この乱高下相場、新たな展開が見えてきました。

続きをご覧ください。→為替Ranking

「円キャリートレード解消による円高は真っ赤なウソ!」
為替王が興味深い分析
為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

きょうはお仕事もお休みなので、夕方、コーヒーをすすりながら、チャートを見ていました。すると、ドル円がどんどん下落。最初は大口の円買いドル売りでも入ったのかなあと思っていたら、119円台半ばを割り、119円台前半まで下落するではありませんか。

「これは何かある!」と思って調べたら、どうやら米国株の先物指数が下落しているらしい。しかも、中国株はハンセン指数が後場に入って急落しています。

これは「株価下落=円高ドル安」だと判断。早速、手数料無料の高レバレッジ口座を出動させました。高レバで5枚~10枚単位で売買すると、0.1円の値動きでも5000円~1万円ゲットできます。

夕方、突如訪れた「波乱の相場=デイトレのチャンス」となったのですが、その結果はどうだったのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

「円キャリートレード解消による円高は真っ赤なウソ!」
為替王が興味深い分析
為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

本日のNY株式市場も大幅な上昇で取引を終えました。

おそらく中国株も本日は急激な続伸ではないかと予測しております。ということは、為替相場は円安ドル高基調。今後の焦点は119円台後半で様子を見ているドル円が久しぶりに120円台を突破し、上昇気流に乗るかどうかという点です。

ところで、急落相場に限定してロングポジションを購入する「底探しの旅」ですが、1週間ぶりに投資実績を集計しました。

前回の集計は、ドルが急落した8月2日。新たに低値でポジションを仕込んだ自己流「底探しの旅」ファンドが、どこまで含み益を回復しているのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

「円キャリートレード解消による円高は真っ赤なウソ!」
為替王が興味深い分析
為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

きょう午前のブログで、「円安局面は再来するのか!」と題して書いたところ、その後、どんどんドルが上昇し、今現在、一時119.50円まで上昇しました。

相場のことですから、今後、どんなことがあるか分かりませんが、118円台でロングポジションを仕込んだのは正解でした。

というよりも、私が実践している底探しの旅は、急落相場で一定のルールで自動的に買い進んでいく投資法なので、いつかは反発して利益が出るようになります。

昨年から、この投資法を実践して、まだ反発せず、損切りしたという局面が一度もありません。

「騰がったものは必ず下がる」「下がったものは必ず騰がる」という市場の基本原則に素直に従った投資法なので、当然といえば当然です。

ただ、私としては、ひとつ残念なことがあります。

それは続きをご覧ください。→為替Ranking

「円キャリートレード解消による円高は真っ赤なウソ!」
為替王が興味深い分析
為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

やはり、米FOMCの声明をめぐって、けさの為替相場は乱高下しました。

いま、世界の不安要因・サブプライム問題について「景気の下振れリスクがやや高まった」という微妙な表現をしたのが発端。その解釈をめぐって市場が分かれ、声明発表直後に118円台割れまでドルが下落したと思ったら、今後は119円まで急騰しました。

こんな相場には手を出せませんね。

というわけで、一息ついた数時間後、今後のトレンドを考えたいと思います。

いずれにしても、経済指標的にはFOMCというビックイベントは終了しました。今後、私は注意しているのは何か?

円高局面は終焉し、ドル高相場が再来するのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

「円キャリートレード解消による円高は真っ赤なウソ!」
為替王が興味深い分析
為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

あと数時間後、8日朝4時過ぎに米国のFOMCが政策金利を発表します。政策金利は据え置きという観測が支配的で、むしろ市場が注目しているのは、そのあとの声明です。

その声明の読み方は最近、何度も当ブログで書きましたし、同じようなことが本日の各種市況解説でも見かけるようになりましたので、今回は触れません。

今回の日記は、そのFOMCにどう向き合ったらよいか?ということが主テーマです。読み方を知っていても、どういう投資姿勢で向き合ったらよいか戦略がなければ、まさに鑑賞投資家になってしまいます。

やはり、投資家は儲かってなんぼの稼業?です。

それでは続きをご覧ください。→為替Ranking

「円キャリートレード解消による円高は真っ赤なウソ!」
為替王が興味深い分析
為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ・長期投資派のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

昨日、「スワップ派のチャンスがやってきた!」と書いたら、為替相場が大変なことになっていました。

117.20円前後まで急落したドル円は、米国の株式市場の反発とともに急反発し、119円台に上昇。現在は118円台半ばまで戻していますが、とにかくジェットコースターのような変動の激しさです。

117円台でロングを仕込めた投資家はまずまずの成果と思っているでしょう。高レバレッジで、5枚、10枚単位でロングを仕込んで勝負していたスイング派投資家は、いまごろ決済して歓喜の声を上げているかもしれませんね。

しかし、相場は何が起こるか分かりませんので、ここは喜びをかみ殺し、気を引き締めて、次の相場に臨みたいと思います。

それにしても、1日の間に1円50銭ものレンジで動く為替相場には、本当に感心します。激しい値動きに振り落とされないようにご注意くださいね。

さて、今後の相場展望ですが、当ブログを読み続けている方は、もうなんとなく予想がついているのではないでしょうか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

「円キャリートレード解消による円高は真っ赤なウソ!」
為替王が興味深い分析
為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーが情報商材を斬った!為替ランキング30位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。