2007年09月

2007年09月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

本日2度目のエントリーです。

とうとう、当ブログが190万アクセスを突破しました。ありがとうございました。

当ブログは2005年8月に開設以来、2年1ヶ月となりました。

この間、2005年暮れ、2006年5月、2007年3月と8月の4度、円高相場を経験しました。幸いにも市場から退場することなく、今日を迎えることができました。

FX投資はどれだけ勝つかも大切ですが、それ以上に、いかに負けないかということが最も大切です。市場から退場しないでいたら、いつかはビックチャンスに巡りあえるからです。

きょう、SPAの臨時増刊号を読んでいたら、円高相場で大損した投資家もいましたが、大儲けした投資家も登場していました。

とくに印象に残ったのが、2005年8月に3000万円を資金にスタートし、2005年暮れの円高相場で資金を500万円に減らしながらも、一念発起して2006年8月には5億円まで増やした投資家の話でした。

彼は大損したとき「5ヶ月で2500万円も負けるんなら、その逆もあるぞ」と楽観的に市場と向き合ったそうです。負け戦で「大損の陰に大儲けあり」ということを学んだのは、のちの勝利の源泉だったともいえます。

FX投資におけるビックチャンスは、急激な円高です。ロング派・スワップ派は低値でロングを大量に仕込むチャンスであり、同時にショートポジションでも稼せげる局面です。

しかし、その円高局面はそんなに簡単に訪れてはくれません。

私はまだ4回しか巡りあっていません。ですから、平時は、有利で利便性の高い口座を準備し、スワップや為替差益を稼ぎ、そしてスキルを高めて、円高に備えることが大勝利の大前提だと考えています。

明日から為替市場は動き出します。

恒例となった「今週の大胆展望」に話題を変えたいと思います。

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!為替王に世界から取り残されている最悪の国ってどこ?為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブログに「FX界に黒船上陸か!」為替ランキング20位前後
[今週の相場を大胆展望!]の続きを読む
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

9月も最終日となりました。

8月の円急騰相場を受けて、為替市場はやや不安定な相場が続きました。しかし、新たな潮流も見えてきた1ヶ月だったと思います。

その新たな潮流とは・・・

①投資マネーが資源国に流入した。
②ドルからユーロへの資金シフトが進んだ。
③欧州から強いドル復活論が出始めた。

こんな流れでしょうか。

こうした中で、来週以降の相場をどう考えるのか?

それは今夜のブログでじっくりとエントリーしたいと思います。

その前に、大荒れだった8月と、やや落ち着きを取り戻した9月で、私の投資成績を比較してみました。

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!為替王に世界から取り残されている最悪の国ってどこ?為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブログに「FX界に黒船上陸か!」為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

最近の為替相場で俄然、注目を集めているのは、ユーロドルの急騰です。ドルが売られ、ユーロに資金がシフトしているため、ユーロドルは、史上最高値の1.4280近辺まで上昇しました。

これはユーロが強いというよりも、米ドルが弱すぎるという象徴的な現象だともいえます。現在、世界最弱通貨は日本円が米ドルにその地位を奪われ、ドルは全面安という相場が続いています。

最もいい勝負を繰り広げているのがドル円。114円~115円台の膠着相場が続いています。これはもちろん、ドルも弱いが、円も弱い証左ともいえます。

さて、もうすぐ10月になります。

こうしたドル全面安が続くのかどうか?

それを読み解くキーワードは登場しました。

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!為替王に「世界から取り残されている最悪の国ってどこ?」為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

株価連動相場が続いています。円高が進んでも、NYダウや香港株式市場が上昇すると、円安に傾き、ドルが反発するという往復相場です。

ただ、最近はサブプライム問題も、かつてほどのパニック的な空気が和らいできました。そのためか、投資マネーのアジア流入が強まっている感じがします。

というわけで、久しぶりに私の投資成績を集計してみました。

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!為替王に1700万円の含み損を抱える読者から投書!為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

きょうは旅先からのエントリーです。

いやあ、一日、相場から目を離しているうちに、ドル円が115円台半ばまで上昇しました。やはり、NYダウが続伸したのが大きいですね。

おかげさまで、今回の114円台前半までの円高、そして115円台への反転というスリリングな相場では、スイングで稼がせていただきました。とはいっても、3万円程度です。

そして、残ったのは、底探しで構築したロングポジション。現在の115円台半ばの円安進行で、含み損のあるポジションがなくなりました。

さて、今週も後半です。底探しの旅の成績はどうなったのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!為替王に1700万円の含み損を抱える読者から投書!為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

円高が進行しています。

今回の円高の火付け役は英国ポンド。英国紙が、英国の預金保護基金残高は440万ポンドと報じたのを受けて、東京市場でポンドが下落。ロンドン市場でも売りが目立ち、ポンド円が230円台を割り込みました。

このポンド下落に歩調を合わせて他の通貨も下落。とくに好調だった資源国通貨が大きく下落しました。

こういう相場はチャンスです。

今回の相場で私が実践している作戦は?

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!為替王に1700万円の含み損を抱える読者から投書!為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

週明けの為替市場は、日中、恐ろしいほどのレンジ相場に終始しました。

ドル円はやや円高気味で推移しながらも114.70~115.10円を往復。こうしたレンジ相場は高レバレッジで稼ぐには最もリスクが小さいので、私も参戦し、1万5000円ほど稼がせてもらいました。ちょっとした小遣い稼ぎには便利な相場です。

ただ、日中は香港株式市場が大幅に上昇し、過去最高値を更新。これを受けてロンドン株式市場も上昇。NY株式市場は、先ほど発表された株価指数先物は上昇していました。

少し円高一辺倒の読みでは危険かもしれません。それはどうしてなのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!為替王に1700万円の含み損を抱える読者から投書!為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

本日は東京市場が休場のため、静かなスタートとなりました。

最近のキーワードは「通貨選別」。きょうの相場も通貨の力関係がはっきり現れた値動きとなっています。

まず、ドル円という最弱通貨同士の戦いは、やはり、いま最も弱い通貨ドルが値を下げ、やや円高で進行中。一方、ユーロドルやポンドドルは上昇しており、欧州通貨のドルに対する優位が明確に現れました。

これは昨日、私が独断と偏見で選んだ「最弱通貨ベスト3」に沿った値動きになっています。

①米ドル
②日本円
③英ポンド
④ユーロ
⑤資源国通貨(カナダ、オセアニア、南ア)

というわけで、本日は振り替え休日。のんびりFXを楽しみたい方に、私のポジションをご紹介したいと思います。

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!為替王に1700万円の含み損を抱える読者から投書!為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

本日、2度目のエントリーとなります。

明日は「秋分の日」の振替休日です。しかし、世界の為替市場は動くうえに、日本のFX投資家も売買が可能です。

休日でもFXトレードを楽しめる点は、株式投資とは一味違うFXの魅力です。

さて、本日最初の投稿では、世界のマネーの動きに変調が生じていることに触れました。米国の株式市場などから逃避した資金が、原油や金など商品市場に流入し、ゴールドは過去最高値を更新するほど過熱しています。

ですから、ドル円がこう着状態に陥っているなかで、資源国の通貨は対円で上昇を続けています。

それでは、今週の為替相場はどう動くのでしょうか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!為替王に1700万円の含み損を抱える読者から投書!為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

世界のマネーの動きに変調が生じています。

マネーが原油や金など商品市場にシフトしています。昨日(22日)の日本経済新聞7面に「世界のマネー流れ変化」と題して大きな記事が掲載されました。

この記事のリードがとても整理されているので、要点をご紹介します。

サブプライム問題で世界のマネーの流れが変化してきた。資金がリスク回避のために実物資産にシフト。原油が最高値を更新。金は28年ぶりの高値をつけた。外為市場では、米利下げでドル安が加速。対ドルでユーロが最高値を更新したほか、資源国通貨も上昇している。

こうした内容のリードです。まさに、世界の投資マネーは、投資先の選別に入りました。これは18日のFOMC前に当ブログで「米FOMCの次は原油高に注意!」と指摘しましたが、その通りの展開になっています。

それでは、FX投資家はどういう考えでマネーの変調に臨むべきなのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!為替王に1700万円の含み損を抱える読者から投書!為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

サブプライム問題で欧米の株式市場は弱気な相場が続いていますが、それでもドル円は115円台で取引を終えました。円安でも円高でもない水準という感じですから、米ドルも日本円も弱いということでしょうね。

そのドル円の不安定な相場に目を奪われている間に、他の通貨ペアの為替相場が大きく動き出しました。

ひとつは、先日から申し上げている南アランドやカナダドル、豪州ドル、NZドルなど資源国通貨の上昇です。

ドル円相場がさほど上昇していないのに、私の底探しの旅ファンドは、この数日間で70万円から86万円に含み益を大幅に増やしました。これは、最もポジションの大きなランドが16円台に上昇していることが損益に大きく貢献したためです。

そして、もうひとつ、為替相場に大きな変化が生まれています。

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!為替王に1700万円の含み損を抱える読者から投書!為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

昨日から今日にかけて、為替相場は実に興味深い動きでした。

いまや世界最弱の通貨・米ドルは、昨夜、欧州株やNYダウの下落と歩調を合わせて急落。115円台から深夜零時ごろには114円台を割り込みました。

そのとき、他の通貨はどうだろうかと思って相場を見てみたら、カナダ、豪州、ニュージーランド、南アフリカといった資源国の通貨が極めて底堅い。もちろん、最近の原油やゴールドなどの商品相場の高騰を反映した動きだと思われます。

きょうは、香港株市場が上昇したため、欧州株やNY株式市場(株価指数先物)は上昇しています。ですから、昨夜、1円以上下落した米ドルは、現在115円台半ばで推移しています。

それにしても、カナダドルと米ドルが同じ水準(115円台)になるとは信じられませんね。それだけ米ドルは弱く、資源国通貨は強いという象徴的な現象です。

私の底探しの旅は、現在、米ドルよりは資源国のポジションが多いため、含み益が急拡大しています。

最新の投資実績は続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!為替王に1700万円の含み損を抱える読者から投書!為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

きょうはユーロが買われて、ドルが売られるという、今年の上半期に見られた現象が発生しています。最近は、資源国通貨が買われたり、そして今度はユーロといった具合に、通貨の選別傾向が強まっているような感じもします。

世界の株式市場ですが、20日夜、英独仏の欧州株が反落し、これを受けて米株価指数先物も時間外取引で小幅安。これに伴ってドルが急落しました。ドル円は前日比1円以上安い115円台前半で推移しています。

香港や上海、そして資源国の豪州の株式市場は上昇しましたが、やはり、欧米の株式市場は弱気ですねえ。投資マネーも金や原油、新興市場の株式市場と選別志向を強めています。

ただ、欧州の市場はこれからですから、もう少し様子を見たいと思いますが、こうした先行き不透明な相場のときに、私が肝に銘じていることがあります。

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!為替王に1700万円の含み損を抱える読者から投書!為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

「FOMCもなかなかやるじゃない!」

けさ、そう思った投資家は多いと思います。市場予想(0.25%)を上回る0.5%の利下げ。日米の金利差が縮小するので、かつては円高材料なのですが、最近は完全な株価連動相場。NYダウや日経平均株価が大幅に上昇したため、午前中は円安ドル高が進行しました。

しかし、円安相場も長くは続きません。本日午後には115円台後半でレンジ相場に入り、こう着状態で夜の相場に突入しました。

それにしても、きょう日銀が金利据え置きを発表しましたが、福井総裁会見の内容は分かりにくいですねえ。利下げ期待につながるような景気の下振れを認めたくないという心情だけが伝わってきました。

いやはや。米国のように、日銀も市場の予想を裏切ってルックキングファードに基づいて利下げしたら、きっと日本の銀行だけでなく世界中の投資家が日銀の言動に大注目するようになるのに・・と思ったのですが・・・。

金融政策は基礎データの積み重ねや大局観、そして市場との対話が大切なのです。もっと突き詰めたら、市場に一目置かれる存在になる必要があるのです。

その意味では、パーナンキは市場からの信認が薄れていましたが、昨夜の大幅?利下げで株を上げたかもしれませんね。

さて、米利下げ相場も終わりました。今後の焦点は何か?

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!為替王に1700万円の含み損を抱える読者から投書!為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

いよいよ18日午前3時15分、米FOMCの政策金利が発表されます。市場予想は0.25%の利下げ観測が優勢のようですね。0.5%の利下げだと、サプライズ的な株高→円安ドル高となるかもしれません。

ただ、各国の金融当局が頭を悩ましているのは、原油先物相場の急騰ではないでしょうか。NYの原油先物市場は今月12日に1バレル当たり80ドルを突破し、過去最高値を更新しました。

かつてなら大騒ぎになっていたところですが、市場や投資家の関心はもっぱらサブプライム問題なので、その喧騒にかき消され、静かに大変なことが進行しているともいえます。

この原油急騰の原因は以前にも申し上げましたが、各国の株式市場が低調ななか、運用先に難儀した投資マネーが金や原油、BRICsなど新興国の株式市場に流れ込んでいるのではないか、というのが私の見立てです。

きょうの日本経済新聞「ニュースが分かる」(11面)にも「原油、夏過ぎても騰勢」「投資マネーも再び流入」という見出しが踊っていました。

その原油先物相場の急騰ですが、為替とはどう関連してくるのでしょうか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!為替王に1700万円の含み損を抱える読者から投書!為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

スワップ派一辺倒も潔くて大好きですが、最近、私はショートづかいのスワップ派に進化?変貌?しています。

本日も、日経平均が上昇して終了しましたが、夕方、香港市場が下落して終了しそうになったので、すかさずショートポジでリスクヘッジしました。案の定、欧州市場が開くと、リスクヘッジの円買いが優勢となり、ドル円は114.60円台まで下落。1万円ほど利益確定したのは良かったのですが、問題は、そのあとです。

何が起きたのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!為替王に1700万円の含み損を抱える読者から投書!為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

本日の為替市場は、115円台前半を上下に言ったり来たり。つまり、方向感ゼロの相場で推移しています!

これは本日の東京株式市場で日経平均が上昇して取引を終え、さらに世界の市場が注目する中国・香港市場も堅調に推移していることが一因です。

こうしたアジアの相場を見て、今夜の欧州やNY市場の相場がどう反応するのか?さらには、18日の米FOMCの政策金利発表、それを受けての各国の株式市場の反応を見極めたいという様子見気分が市場を支配しているためだと思われます。

もっとも、日本は敬老の日で休場。基本的に取引量が少ないことも、相場を静かにさせているのかもしれません。

というわけで、本日はデイトレで数十万円の利益(←ホント?)を目論んでいた私も、ここは夜の部に主戦場を移して、日中は数千円の利益に甘んじようと、トレードを一旦休んで、この日記を書いている次第です。

こんなときは投資実績を集計するのが心の安静を保つには最適なので、いまコツコツ計算しているのですが、それだけでは面白くないので、急激な円高が進行した直後の8月20日(月)の投資実績と比較してみました。

その結果、浮き上がってきたのは、やはりFX投資の威力でした。

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!為替王に1700万円の含み損を抱える読者から投書!為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

今週月曜日は敬老の日で休日。しかし、為替は世界の市場で動いていますから、日本に住むFX投資家もトレードが可能です。自宅でトレードしながらお小遣いを稼ぐのも悪くはないですね。

この辺が株式投資とは異なるFXの魅力なのかもしれません。

それでは、週末恒例となった今週の相場展望です。

今週は18日(火)27時15分に、米国のFOMCが政策金利とステートメントを発表します。市場はこの一点だけを見つめているといっても過言ではありません。

FOMCの決定やステートメントを受けて、株式市場が上下に大きく動き、その動きが為替相場を決定付けるという流れで考えるのが常識的な姿勢です。

1週間前には専門家の中に米国が利下げすると日米の金利差が縮まるので円高になるという、もっともらしい解説も目にしましたが、私は懐疑的でした。(ご参考

案の定、最近では、そうした見方ではなく、あくまで株価の動きと為替を連動させた見方が一般的になっているようなので、私としても溜飲を下げた次第です。

同時に、日銀も18~19日に政策決定会合を開き、19日には金融政策を発表しますが、ほぼ間違いなく金利据え置きでしょうから、市場の注目度は低く、さほど念頭に入れる必要はないでしょう。

では、FOMCの決定を受けて、どういう相場を展望したらいいのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!9位のブログに「スワップ派が破産しやすいワケ」為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

相場というのは、「へえ~、どんだけ~」と思うほど、上にも下にもオーバーシュート(過熱)するときがあります。

最近の例で言うと、8月中旬の円高相場がまさに過熱相場だったわけですが、正直言って、私はそういう相場でロングを100枚仕込めたら、あと半年は遊んで暮らせるのがFXの素晴らしいところだと思っています。

ところが、中途半端な水準のときに、回りも買い始めたからと言って、自分もロングを買い、「また円高になったら、どうしよ」というのが、普通の投資家です。

国や企業に頼らず、自力で生きている華僑の人たちは暴落相場がきたら、思い切って買って、あと5年は遊んで暮らして、5年後に果実をもぎ取るといいますから、やはり投資には確実に勘所があるものです。

というわけで、私が保有する通貨では、南アフリカランドがその域に近づいてきました。まずは、私のポジションを分析したいと思います。

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!9位のブログに「スワップ派が破産しやすいワケ」為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

サブプライム問題に端を発した3月の円高で痛手を被ったのは、何も個人投資家だけではありません。損を取り戻そうと、荒っぽい取引を繰り返しているヘッジファンドもあるとか。

また、なお円高と見て円持ち(円買い)のポジションを持っているディーラーが少なくないようですが、この週末までに損切りが発生しているようです。

こうした状況を見ると、週明けは18日の米FOMCの政策金利決定、そのあとの声明の文言で相場は大きく動きそうですが、株式市場が回復するにしたがって、ストップを巻き込んで急激に円安が進む可能性もあります。

逆に、円持ちのディーラーが多いようですから、もう一度、円高で一儲けを模索する動きもあるでしょう。

さて、週明け月曜日は休日です。

株式相場の動きによってはドラマが生まれるかもしれません。そのカギを握るのが、週末に利上げを発表した中国・香港市場でしょう。

利上げしたのに株価が急騰するようなことがあれば、ドラマの序曲が始まるかもしれません。週明けの香港市場については「ど素人の中国株日記」をご覧ください。

それでは、私はどんな戦略で臨むのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!9位のブログに「スワップ派が破産しやすいワケ」為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

世界の市場はサブプライム問題に揺さぶられ続けていますが、実のところ、私にはさほど不安感はありません。理由は、私の鈍感力が極めて高い水準にあるからです。

もちろん、昨日は英国の中堅銀行ノーザン・ロックが市場で資金を調達できなくなって、中央銀行のイングランド銀行(BOE)が救済融資を実施すると発表。サブプライム問題の波及度を印象付けました。

ただ、ノーザン・ロックの財務内容を見ると、起こるべくして起きた出来事にも思えてきます。ノーザン・ロックは住宅融資を中心とする銀行ですが、融資原資は預金が3割、残りは市場から調達しているというのですから驚きます。

これだけ市場調達率が高いと、市場で資金の出し手が萎縮すると、即座に立ち行かなくなります。バンカーの世界では常識です。

それでも、ポンド円は8月に219円台まで下落しましたが、週末の終値は231円台。すでに12円も上昇しているのです。

むしろ、私がいま最も関心を寄せているのは、世界の投資マネーの変調です。先日、金相場が急騰した話を書きましたが、その次に到来したのが原油価格の高騰です。

そして、今度は、なんと、あれが上昇しています!

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!9位のブログに「スワップ派が破産しやすいワケ」為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

仕事が忙しくて、この2日ほど為替相場を全く見ていなかったのですが、あっという間にドル円は115円台を突破しています。

NYの株式市場やアジアの株式市場が好調なため、「株高=円安」が進んだようですね。

もともと放置していても、毎日、不労所得が自動的に振り込まれるスワップ狙いの投資が主体なので、本当は2~3日ぐらいは相場を見ていない生活というのが最終的な目標ではあります。

ただ、このところは円高基調だったので、将来に向けた仕込み場と考え、ある程度は毎日の相場を気にしてはいました。しかし、115円台まで到達すると、そろそろスワップ派としては理想系の放置投資の領域に入ってきたのかなあという感じもしています。

というわけで、現在の投資実績を集計してみました。凄いことになっています。

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!9位のブログに「スワップ派が破産しやすいワケ」為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

最近、世界のマネーは投資先を探して彷徨っている感じがします。

機関投資家にとって、危険な投資先から資金を引き揚げたあと、その資金をどこで運用するかというのは大問題です。運用しなければ、投資利回りを稼げないわけですから、安全性だけでは誰も資金運用を委ねなくなります。

ところが、サブプライム問題に揺れる米ドルや、その影響を色濃く感じるユーロはダメ。日本も投資先として魅力を感じないとなると、結局のところ、金相場ということなのでしょうか?

最近の金相場の上昇は行き先を失ったマネーの溜まり場に見えてきます。そして、もうひとつはBRICsなど新興市場。日米欧に比べて株価は良好です。

ですから、私は南アフリカランドに期待したいと思っています。

幸か不幸か、私の底探しの旅ファンドは、いつの間にか、ランドのポジションが大きくなっています。そのランドが毎日たくさんのスワップ収入をもたらしてくれています。

それでは、最新の投資実績をアップします。

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!9位のブログに「スワップ派が破産しやすいワケ」為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

為替相場はドル円が113円台のレンジ相場に突入しました。ある意味では、方向感をつかみかねているともいえます。

こういう相場になると、112円台で仕込んだ投資家は「してやったり」と思うでしょうし、112円台でショートポジを持った投資家は「しまった!」と思うでしょう。

しかし、そんな感情も一時的なものです。相場が円高、円安、どちらかに動けば、どちらかが慌て出します。

ただ、スワップ派としては、こうした相場でも決して負けない方法を考えるしかありません。

その方法とはどんな方法なのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!9位のブログに「スワップ派が破産しやすいワケ」為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

先週末の113円台半ばから今朝は112円台半ば。そして午後には113円台後半に戻すという、きょう一日の不安定な為替相場を見ていると、これはひょっとして本当にチャンスなのではないかと実感してきました。

いま、最弱の通貨はどれか?

おそらくサブプライム問題の震源地・米ドルでしょう。次は、経済成長の鈍化が懸念されてきた欧州通貨。一方、最強の通貨は日本円になりつつあります。

ただ、日本円の強さは日本経済の強さではなく、あくまでキャリートレードの巻き戻しという他力本願の強さですから、いずれ弱い通貨に変化します。

その弱い通貨に円が変化する瞬間に向けて、この円高相場は石にかじりついてでも確実に外貨を仕込みたいと決意を新たにしました。

それでは円高はどの辺まで想定すべきなのか?

私なりに最悪の事態も想定した心構えを考えたいと思います。

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!9位のブログに「スワップ派が破産しやすいワケ」為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

週末の大幅な円高を好機と見て、底探しの旅をスタートしたことは、先日、当ブログで書きました。

私の皮膚感覚的には、週末の雇用統計は相当悪い数字でしたが、それでも113円台までしか円高が進まなかったのか、という感じです。

指標が発表された直後は、これは相当ロングを仕込めるかもしれないと、112円台も期待していたのですが、さすがに113円台前半になると、まだまだ壁があってドル買いの動きも強まります。

もっとも、ショートポジションはあっという間に利益を確定できましたので、ロングを仕込みつつ、ロングポジションを構築する理想的な展開となりました。

それでは今週の相場はどうなるのか?米国の利下げは?利下げした場合、為替は円高に進むのか?

きょうは盛りだくさんのメニューでエントリーしたいと思います。

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!9位のブログに「スワップ派が破産しやすいワケ」為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

やはり、昨夜は重要な一日になりました。

昨夜発表された8月の非農業部門の雇用者数は、なんと前月比4000人減。事前の市場予想(+11万2000人)を大幅に下回りました。

このため、市場はサブプライムローン問題が実体経済に悪影響を及ぼしていると判断し、NYダウが大幅に反落。ドル円も一時は113円13銭まで円高が進み、8月17日以来、約3週間ぶりの高値を記録。最終的には、前日比1円95銭円高の113円35―45銭で取引を終えました。

一晩で2円ほどのドル急落。8月以来の2番底となりました。市場では、景気低迷を阻止するため、米国は利下げするとの観測が強まっています。週明け10日説もあるそうです。

いよいよ、仕込みどきが到来しました。もちろん、私はすでに米ドルの底探しの旅を再スタートし、113円台から拾い始めています。それでは、底探しの旅は、どういうポジションになったのでしょうか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!9位のブログに「スワップ派が破産しやすいワケ」為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

昨日は、8月にFXの取引残高が半減したという話を書きましたが、そうした円高をチャンスと見て、8月に逆の現象が進んだ分野があります。

きょうの日本経済新聞によると、個人マネーの投資信託流入が続いているそうです。日経は次のように報じています。

残高1000億円以上の主要投信を対象に8月の資金流出入状況を調べたところ、契約額が解約額を合計で約7300億円上回る「資金流入超」だった。8月は株安・円高で運用環境が悪化し一部で解約も起きたが、外貨建て資産を中心に運用する投信などに、円相場が再び下がると判断した個人投資家らの資金が流れ込んだ。ただ不動産投資信託(REIT)で運用する商品などでは資金流出が目立つ。

やはり、最近の個人投資家は為替をよく知っているという感じがしますね。円高相場は売り相場ではなく、買い相場だという判断なのでしょう。私もそう判断し、南ア・ランドなどを仕込みましたが、現在は毎日スワップ収入が1500円になりました。

しかも、相場が膠着状態なので、スワップ派にとっては理想的な展開になっています。

ところで、今夜は米国の失業率や非農業部門雇用者数がまもなく21時30分に発表されます。この結果を受けて、相場は大きく動きそうですが、今回の相場は非常に重要な意味を持っています。

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!9位のブログに「スワップ派が破産しやすいワケ」為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

今夜は英国と欧州の中銀が政策金利を決定します。双方とも金利据え置きという観測が大勢で、焦点は声明内容に移っているようです。

ところで、東京金融先物取引所が4日に発表した8月の取引実績を見ると、個人投資家の動向が明確に分かります。

同取引所は「くりっく365」を運営しているわけですが、その取引残高が、8月15日に13億ドルでしたが、円が急騰した16日には9億ドルまで減少しました。全通貨の残高も、ピークの10日が42万枚だったのが、17日には19万枚に半減しています。

これは「くりっく365」の状況ですが、それ以外のFX口座を利用した投資家も同じような傾向だったと思われます。

さて、9月はどこまでポジションが回復するのか?次回の東京金融先物取引所の発表を楽しみにしたいと思います。

ところで、投機筋のドル円のポジションはどうなっているのか?

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!9位のブログに「スワップ派が破産しやすいワケ」為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スワップ派・長期投資派必見のブログ村Rank!

凄い!南アランドで1日4万円のブロガー!人気ランキング

最近、夏の疲れが出たのか、体調不良の日々が続いています。しかし、当ブログの更新を楽しみにしている投資家が驚くほど多いので、ここは頑張って私の投資観を書きたいと思います。

きょう発表された米国の掲載指標が軒並み弱い数字だったため、ドル売り円高が進行しています。

今日発表された8月の民間部門の雇用者数は前月比3万8000人増と市場予想を大幅に下回り、景気後退懸念が浮上してNYダウの株価は下落しました。もちろん、雇用者数だけではなく、7月の中古住宅販売も市場予想より弱い数字だったため、もう一段のドル円下落相場となっています。

こうしたときのFX投資家はどういう姿勢で臨むのか?きょうのテーマはその一点に絞って考えてみたいと思います。

続きをご覧ください。→為替Ranking

必見!9位のブログに「スワップ派が破産しやすいワケ」為替Rankingの30位前後

レバ200倍ブロガーがパニック相場の教訓激白!為替ランキング20位前後

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。