崖っぷちを感じない面々?

崖っぷちを感じない面々? に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

注目記事
今年1000万円負けた投資家から「FXは辞めたほうが良いのでしょうか?」という質問!
  →人気Ranking60位の「為替王さん」はかなり厳しい調子で回答。参考になります!

ブログ村・スワップ・長期投資派

本日2度目のエントリー。前回は「投資タイプ別の必勝法!」をエントリーしました。勝率を上げるためにはどういう取引法が有利なのか、基本はしっかり押さえておくことがまず富裕層に近づく第一歩です。

さて、週末恒例の「本日の気になるニュース」です。

いま投資家だけでなく、世界中の人々が最大の関心を持って見つめているのは、米政府が提案した金融安定化法案が議会の承認を得て成立するのかどうかという点です。同法案は公的資金で住宅ローン証券化商品を買い取ることによって、不良化している証券化商品を金融システムから切り離し、金融危機を救うというもので、いわば、世界恐慌を阻止する切り札ともいえます。

1929年10月24日、ニューヨーク株式市場の株価大暴落に端を発した世界恐慌は、ピーク時、米国だけで年間1600万人の失業者を生んだだけでなく、1930年代世界中を苦しめました。資源のある植民地を抱えた列強国は自分たちの経済圏を形成しブロック化が進行。日本のような持たざる国は日増しに窮地に追いやられました。持てる国と持たざる国の格差。ナチスの誕生、そして資源獲得を背景とした戦争・・・世界は貧困と殺戮の第2次世界大戦に突き進むことになったのです。

もちろん、同じ歴史が繰り返されるとは思いませんが、恐慌の入り口を塞ぐ事はとても重要です。その意味では、がん細胞化した住宅ローン証券を公的資金で買い取って金融システムから切り離すことができるかどうかは、市場関係者でなくとも重大な関心を持つ必要があるのです。

どうも、日本の政治家には、いつ総選挙を実施したら有利か不利かということが関心事のようですが、きょう最初の気になるニュースは米国の政治家も50歩100歩だという話題から始めたいと思います。

それでは、気になるニュースです。

続きをご覧ください→為替Ranking

注目記事
理屈抜きで必見です!人気Ranking10位の「為替鬼」さんは現在、月収1500万円以上を稼ぐトレーダーですが、数秒の売買で差益を抜くスキャルピングを動画で公開しています。とにかく凄い!瞬時に、2万円、1万円、3万円と差益を抜いていく映像には圧倒されました。

なんと「ポンド円ロングで4億円の損失」という投書!
       →人気Ranking60位の「為替王さん」のブログ!

目からウロコ!いますぐ勝率をアップする方法とは?
       →為替ランキング137位の「レバ200倍のFXってどうよ」さん
外為ランキング2位の脱サラ投資家が2年間で8倍の運用実績!

「大統領選にらみ金融攻防」(27日付日本経済新聞)
→共和党出身のブッシュ大統領が公的資金を使った金融安定化法案を提案したにもかかわらず、同じ共和党のマケイン候補は公的資金の投入に反対する世論を背景に、公的資金を使わない代替案に傾き、逆に民主党のオバマ氏が協力的という複雑な状況になっているという記事。

25日夕、ホワイトハウスに、ブッシュはマケイン、オバマ両氏など超党派の議員を集めて会合を持った。この場では超党派で公的資金投入を柱とした案が大筋合意に達するはずだった。しかし、決着を持ち越してしまった。この超党派会合はマケイン氏の提案だったが、「マケイン氏はなにもしなかった。調整を妨害しただけだ」(民主党のリード氏)という。

なぜ、マケイン氏がフラフラしているのか?共和党の保守層に「公的資金反対論」が根強いため、大統領選をにらんでマケイン氏が腰を引いているという見方が有力だ。保守系FOXテレビの世論調査では、オバマ45%、マケイン39%と支持率が逆転。マケインは自分が弱い保守層に配慮しないといけない心理が働いているようだ。しかし、オバマ氏は「微妙な交渉に大統領選を持ち込むと、大きな問題が生じる」と指摘したそうだが、その通りだと思う。

では、公的資金を使わないという共和党の代替案はどんなものなのか?

投資家が証券化商品など不良資産を購入した際、その損失リスクを補填するための「保険」を創設。その保険料は金融機関が支払うというもの。損失補てん付きの証券化商品だから買い手がつくということなのかもしれないが、金融機関が支払う保険料が上昇し、むしろ金融不安を増幅する恐れもある。これでは不良資産を金融システムから切り離すどころか、いつまでも抱き込む内容だ。

そもそも、米国は甘い審査で貸し出した住宅ローン債権を証券化し、それに高い格付けをつけて、世界中にばら撒き、米国にマネーを還流させて好景気を享受したのである。その責任を感じていれば、公的資金投入という痛みは当然だし、何よりも、恐慌の引き金を引かせないという強い決意が必要なはずだ。


【気になるブログ】
なんとFXで月収1500万円突破!そのトレード記録を公開!
 →人気Ranking10位の「為替鬼」さんは必見!とくに瞬時に数万円稼ぐ動画は圧巻です!


「保険料支払い 税で支援」「低所得者が対象」(27日付日本経済新聞・1面トップ)
→厚生労働省が国民年金の保険料について低所得者の保険料を軽減し、その軽減分は税金で補填することを打ち出すという記事。要するに、保険料を取れる人からはいままで通り取って、取れない人の分は税金から回すというもの。つまり、保険料がしっかり払える人は、保険料と税金と両方で国民年金を負担するということになる。「またか」という感じである。

これでは国民年金と生活保護とはどう違うのかという疑念が沸いてくる。国民年金に税と同じ所得再配分的な要素を強めると、真面目に払ってきた人まで払わなくなるのではないか、所得を実際よりも低めに調整する自営業者が増えるのではないかと危惧する。

それなら、むしろ、国民年金はすべて税(消費税)にして、誰からも保険料を取らないほうが公平だ。しかも、自動的に徴収される消費税だと、社会保険庁のような悪さをする人たちが介在しなくて済む。取りやすい人、おとなしく支払う人から、お金をむしり取り、それを誤魔化したり、浪費するようなシステムは、もう辞めた方がいい。

厚生労働省はいったい、何を守ろうとしているのか?自分たちの財源を守りたいだけではないかと勘ぐられますよ。すべて税負担にすると、徴収した資金の管轄は財務省に移ってしまうという省益は、国民には全く、どうでも良いこと。いや、百害あって一利なしである。

ああ、やはり、我々は自分の身は自分で守ることを真剣に考えないといけないのだと痛感する。世界の株式市場が暴落しても稼げる相場万能のFXを一層研究&実践して、米国のファンドから資金を勝ち取ろうと改めて決意した次第である。

参考になった為替Ranking

部門別のFX口座ベスト3!

【高レバレッジ&低コスト部門】(手数料無料+スプレッド1銭)
MJの「Spot Board」←短期用の定番
外為オンライン←私の愛用口座・抜群です!
FX ZERO←FXの老舗ひまわりグループ!

【市場予想ソフトなど相場読み部門】
アストマックスFX←文句なしの人気NO1
エキサイトFX←見易さと使い勝手は抜群!
サザインベストメント←プロ顔負け!

【高金利通貨で金利を稼ぐ長期用部門】
FXプライム←レバ1倍~120倍。ダントツの人気
セントラル短資←高金利水準が売り
フォーランドオンライン←低コスト&高金利で人気急上昇

スワップ用ポジション
毎日の金利収入は1560円
ユーロ円5枚 785円→月収+2万4335円
豪ドル円5枚  775円→月収+2万4025円
スワップ用口座の合計 月収+4万8360円

豪州ドル円ロング5枚 100.73円 スワップ+6万3725円
ユーロ円ロング5枚 166.10円 スワップ+6万5875円
ややショートに軸足を置いた両建てヘッジ実行中です。
合計スワップ+12万9600円(9月6日更新)

特選・スワップ用口座
①レバレッジの選択幅ナンバー1&取引手数料が無料伊藤忠グループのFXプライム
②スワップの高さナンバー1+デイトレ手数料ゼロ→老舗のセントラル短資
③手数料無料。市場予測つき。通貨ペア160種類→アストマックスFX
④レバ50倍→手数料ゼロ・高スワップ→フォーランド オンライン

スイング用口座
【16日(火)】
豪ドル円ショート2枚 82.35→82.19 +3200円(スキャル)
ポンド円ショート1枚 186.95→186.10 +8500円(W指値)
【17日(水)】
ポンド円ショート1枚 185.24→186.20 -9600円
ポンド円ロング1枚 186.26→187.51 +1万2500円←基調の変化を感じたポジション
【18日(木)】
ポンド円ロング1枚 189.66→190.03円 +3700円
【19日(金)】
ポンド円ロング1枚 189.42→193.50円 +4万0800円(手法・W指値)
米ドル円ロング1枚 107.30→107.65 +3500円
豪ドル円ロング1枚 87.00→88.00 +10000円
【22日(月)】
豪ドル円ロング1枚 89.05→89.55 +4900円
ユーロ円ロング1枚 155.82→156.24 +4200円
合計損益 +53万1338円

特選・短期&スイング用口座
①手数料無料。通貨ペア160種類。市場予測ソフト付→アストマックスFX
②レバ選択可能→手数料ゼロ・コスト安ナンバー1→MJの「Spot Board」
③レバ200倍→取引手数料0円!スプレッド1銭から!→外為オンライン

解説】スワップ用口座は8万余りの利益を確定して、さらに押し目買い狙い。果たして押し目がやってくるのかどうか。一方、スイング用口座は紆余曲折もありましたが、順張りで利益を増やす態勢に入りました。1日の利益目標は1~3万円。1日1万円の利益でも、年間では365万円。1日3万円平均だと、1000万円の利益となります。

参考になった為替Ranking

注目! 「無から有をなす」。これは重要なことです。とくにFX投資の場合、それを意識したマネーマネージメントが重要です。私は、こんな風に実践しています。

【スワップ派の長期投資用口座】

ポジションを放置しているだけで、自然に残高が増えているのは実にうれしいものです。しかも、私が利用しているセントラル短資はポジションを決済しなくても、貯まったスワップ金利が使えるので、将来の不労所得口座としては抜群の利便性です。→為替Ranking

相場が上昇しているときは常に下落リスクを注意する必要があります。その意味では、低レバレッジで下落に耐えうるポジション作りが大切です。そのレバレッジを選択できるのが、伊藤忠グループのFXプライムです。7月上旬からは、手数料無料コースも導入し、スワップ派だけでなくスイングトレード派にも使い勝手の良い口座にリニューアルされます。

この手数料無料コースは、証拠金1万円で米ドル1枚(120万円)分を保有できます。ですから、レバレッジは約120倍。この無料コースの導入で、デイトレ派にもスワップ派にも使えるFX口座を目指しているものと思われます。

もともと、最大の特徴は約1倍から120倍まで9種類のレバレッジを取引毎に自由に選べる点です。取引手数料も無料と格安!手数料が片道2万円も取られる銀行の外貨預金は相手になりません。そのFXプライムが、高レバレッジで手数料無料に踏み切ったことで、スワップ派のFX口座にも無料化の波が本格化しそうです。

 

コースの種類取引保証金
(1万通貨当り)
レバレッジコースタイプ
1万円コース1万円120倍投資効率は高いですが自動ストップロスの幅が狭くなります。積極的に為替差益を狙う、短期売買派向けのコース。
2.5万円コース2.5万円48倍
5万円コース5万円24倍
10万円コース10万円12倍FXのスタンダードコースともいえる「10万円コース」は、FX初心者の方に根強い人気のコース。
20万円コース20万円6倍
30万円コース30万円4倍
40万円コース40万円3倍
50万円コース50万円2.4倍自動ストップロス幅が広く、じっくりと資産運用をされたい方に人気のコース。
100万円コース100万円1.2倍
レバレッジは米ドルの場合。倍率は概数


スワップ金利だけで確実に資産を倍増させる必須アイテムを考えたいと思います。

私が底探しの旅に利用している口座は、FX業界最大手の外為どっとコムセントラル短資。いずれも、ポジションを決済しなくてもスワップ金利を毎日受け取れる口座です。

将来、毎日1万円程度のスワップ金利を受け取って生活することを夢見る私にとっては、まさに生活口座になりうる重要な口座です。私にとって、外為どっとコムセントラル短資は、経済的自由人を実現するためには不可欠な口座となりました。

管理人も利用する優れたFX口座とは?
私の投資はスワップ稼ぎが中心ですから、長期投資ともいえます。その長期的なFX投資に最適なFX口座の条件は何でしょうか?

経営体力が万全なこと
→投資途中で破綻しない経営体力が重要。
スワップ金利が高めなこと
→これは説明するまでもありません。
使い勝手の良い機能を備えていること
→レバレッジのバリエーションやニュースの豊富さなど。

この3条件に合致する私のメイン口座はセントラル短資外為どっとコムです。どちらも、たくさんの利益を出しているので縁起もいいです。

まず、セントラル短資ですが、スワップ稼ぎには絶対に欠かせない口座です。日本銀行も取引してきた100年の伝統を誇る老舗短資会社の関係会社で、スワップ金利も他の業者より高めに設定されています。しかも、ポジションを決済しなくても、毎日スワップ金利が入金されます。ここが重要です。ポジションを決済しなくてもスワップ金利を振り込んでくれるので、将来的には毎日3万円くらいのスワップが振り込まれるような「底探しの旅」ファンドを構築するのが最大の目標です。現在、口座開設&ポジション1枚で5000円のキャッシュバック!があります。

もうひとつ外せないのが、FX業界最大手の外為どっとコム。ここは最B6瓠・lt;font color="#FF0000">レバレッジを自由に選択できるFX口座に変化しました。ますますスワップ派には使い勝手の良い口座になったわけです。

4種類のレバレッジが選べます!
レバレッジ2 2倍~3倍程度
(超安全志向向け)
レバレッジ55倍~7.5倍程度
(超安全志向向け)
レバレッジ10
(通常型)
10倍~15倍程度
レバレッジ20
(高レバレッジ型)
20倍~30倍程度


★レバレッジ別の下落耐久度は次の通りです。(米ドル118円の場合)
○レバレッジ2倍→59円(1ドル=59円)
○レバレッジ5倍→23.6円(1ドル=94.4円)
○レバレッジ10倍→11.8円(1ドル=106.2円)
○レバレッジ20倍→5.9円(1ドル=112.1円)
注・カッコ内は耐えられる為替水準(実際はもう少し傷の浅い水準でロスカットになります)

私は現在、NZドルでレバレッジ10倍を利用していますが、将来的には資金を膨らませて、数百万円単位でレバレッジ5倍で高金利通貨を購入したいと思っています。夢の不労所得生活に向けて、そのためのツールを準備しておきましょうね。

外為どっとコムの口座開設資料はこちらです!
 


以下、いろいろなタイプ別口座で列挙しましたので参考にしてね。

FX初心者に最適なFX業者

外為どっとコム
FXの登竜門かもしれません。業界最大手。通常1万通貨の取引が最低単位ですが、最大の特徴は1000通貨単位でも大丈夫な点です。ですから、私は急落したNZドルの「底探しの旅」用に利用しています。「底探しの旅」は底ポジを確率して多少の為替変動にもびくともしないスワップ収入専用ファンドの構築ですが、1000通貨単位で小さく積み立ててスワップ収入を確実にゲットしています。さらには登録後の情報提供などアフターケアの丁寧さには感心します。

9種類のレバレッジが自由に選べるFXプライム
伊藤忠商事のグループのFX会社で、手数料も格安。約1倍から120倍まで9種類のレバレッジを取引毎に自由に選べるサービスを導入。レバレッジを調節して自分でリスクと儲けの管理をしたい人には使い勝手がいいです。

スワップ金利を稼ぎたい人向け

セントラル短資
スワップ稼ぎには欠かせない口座です。日本銀行も取引してきた100年の伝統を誇る老舗短資会社の関係会社です。そのためか、スワップ金利が各通貨とも他の業者より高めに設定されています。しかも、ポジションを決済しなくても、毎日スワップ金利が入金されます。これは究極の口座で、毎日の金利生活も可能な口座といえます。

取引コストを低くしたい人向け関連記事

MJの『Spot Board』
手数料ゼロ、しかも第2の手数料と言われるスプレッドもドル円1銭~、ユーロ円2銭~と、手数料が業界最安水準!いま最も注目しているFX会社です。もうひとつの特徴は、レバレッジが50倍、100倍、200倍から選択できるという点です。リスクや残高、相場状況に応じてレバレッジを選べるので、非常に使い勝手の良い口座です。南アフリカランドなど通貨ペアも32種類と豊富。もちろん、資金は信託保管なので安全性も高い口座です。

AFT-FXダイレクトトレード
最近、とても人気のあるFX会社です。毎回、細かく取引をしていると手数料がとても気になりますが、手数料無料なので助かります。口座の画面も見やすいうえに、複数のチャートを開くことができるので、複数の通貨ペアを同時に観察できて利便性が高いです。
また、スワップ金利が低めなのも魅力です。というのは、円安ドル高が進んだあとは、必ずドルの急落局面が来ますから、そのときマイナススワップを抑制しながらショートポジで稼ぐには最適です。
一見、デイトレ派の口座にも見えますが、スワップ派投資家がショートで稼ぐ際に多用されている口座です。

FX Online Japan
日本で初めて手数料ゼロを実現したFX会社。口座の画面も大人びていて、とても人気のあるFX会社です。

ひまわり証券【マージンFX】
ディトレの手数料ゼロと・A4うFX口座が最大の特徴です。証券会社系のFXなので、信頼性も高く、とても人気のある口座です。「株式投資もFXも」というマルチで考えている投資家に支持されています。

トレイダーズ証券
スワップなどデリバティブ専門の証券会社ですから、情報量も多く、毎日じっくりスワップ収入を稼ぎたいという投資家に最適です。取引できる通貨も人気の英国ポンドとニュージーランドドル、さらには高スワップ金利の南アフリカ・ランドも追加しましたので、スワップ収入狙いの上級者にも魅力的な口座です。現在、取引コストを大幅に引き下げるキャンペーンを実施中です。

レバレッジ400倍が可能で手数料無料の会社

ヒロセ通商
業界最高水準のスワップ、最低水準の取引コスト(手数料100円)。「Hirose-FX」と「Hirose-FX2」の2つの異なるシステムが利用できます。さらに、「Hirose-FX2」のミニ口座は1,000通貨単位から取引可能な使い勝手の良いFX会社です。

レバレッジ200倍が可能で手数料無料の会社

外為オンライン
レバレッジ200倍なのに手数料の無料ということで、最近、注目されているFX会社です。米ドル1万ドルのポジションを6000円で持てるので、投資資金を効率的に活用できます。しかも、両建て可能。もちろん、携帯電話でも取引可能です。2006年12月からは、顧客の資金を新銀行東京に信託保全するスキームを採用。FX会社が破綻しても、資金は保全されます。

レバレッジ100倍で手数料ゼロ円のFX業者

AFT-FXダイレクトトレード←人気があります!

レバレッジ40倍で手数料無料のFX会社

マネーパートナーズ
ここは2006年7月から手数料無料に踏み切った国内系では数少ないFX無料会社のひとつ。楽天系の会社で、アフターケアや情報量などでも評判が高いようです。また、資金は信託保全されるので、とても安心です。

信頼の商社系で取引したい人向け

8つのレバレッジが自由に選べるFXプライム
伊藤忠商事の100%子会社で、すでに金融先物取引業の登録も済ませて信頼性を前面に打ち出しています。最大の特徴は6種類のレバレッジを取引毎に自由に選べるサービスを導入している点です。レバレッジを調節して自分でリスクと儲けの管理をしたい人には使い勝手がいいです。

三菱商事フューチャーズ証券
ご存知!三菱商事の100パーセント出資会社。業界でも最高水準のスワップ金利を提供し、初心者の方でも操作がとても簡単なシンプル&スピーディーな取引画面を搭載しています。取引手数料はデイトレードの場合、往復で半額も採用。さらに取引手数料の3%をギフト券でキャッシュバック。また即時入金システムは手数料無料&24時間反映です。

税金が気になる人向け

FXで気になるのが税金です。儲けが年間20万円を超えると、雑所得とみなされ、年収1800万円以上の人は最大50%も課税されます。しかし、2005年7月から始まった「くりっく365」(取引所為替証拠金取引)の場合は、申告分離課税(先物取引等に係る雑所得)となり、一律20%課税となります。しかも、その年に控除しきれない損失は、確定申告で、翌年以後3年間、雑所得等の金額から繰越控除できます。

そのクリック365で取引したい人は以下のFX口座があります。

ばんせい証券←管理人利用中
インヴァスト証券→通常300円→口座開設翌月まで88円キャンペーン中
スターアセット証券→手数料210円

自分にとって、最も相性のいいFX口座はそれぞれの投資スタイルや所得などによって異なってきますので、よくお調べになってくださいね。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/27(土) 23:35 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gaikokukawase.blog19.fc2.com/tb.php/1164-0094f21f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。