必見!金融不安は何合目あたりか?

必見!金融不安は何合目あたりか? に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

注目記事
4億円稼いで脱税で有名なミセス・ワタナベこと「池辺雪子」さん式トレードの本質とは?
  →人気Ranking15位の「外為錬金術」さんが詳報!かなり面白いです!

ブログ村・スワップ・長期投資派

昨日は為替相場のトレンドにあわせた投資法に柔軟に切り替えないと、損失は膨らみ、折角の稼ぎ時も逃してしまうことについて考察しました。

円高相場で多くの人がショートで大稼ぎしているときにスワップが欲しいがために必死に証拠金を追加してロングポジションで頑張るというのは危険です。

スワップ派は為替差損に加えて、最近ではユーロ円ロングのようにスワップがマイナスに転じる通貨も出現。毎月30万円前後のスワップ収入を稼いでいる為替Ranking20位の「FXで月100万円のスワップ金利生活」さんですら、1日のスワップが10月2日に2658円から24円と100分の1以下に激減し困惑したことをレポートしています。

大御所のように低値のポジションなら我慢はできるかもしれませんが、そうでなければ、為替差損とマイナススワップというかなり辛い思いをします。ただ、逆に、円安トレンドになったときは、その逆のことがいえます。ですから、局面に応じた適切な投資法は重要だと考えた次第です。

昨年までの調整的な一時的な円高局面とは異なり、今回の円高は約1年近い長期となりました。果たして、この円高はいつまで続くのか?そのカギを握る米国の金融不安は、いま何合目あたりなのか?

そうした点を的確に解説した記事を見つけました。今日は週末なので、金融不安の衝撃度を再確認し、いま解決に向けた何合目あたりに位置しているのか、そして本格的にロングポジションに軸足を移せるのはいつ頃なのか?じっくり考えてみたいと思います。

それでは本日最初のエントリー「本日の気になるニュース」です。

続きをご覧ください→為替Ranking

注目記事
理屈抜きで必見です!人気Ranking10位の「為替鬼」さんは現在、月収1500万円以上を稼ぐトレーダーですが、数秒の売買で差益を抜くスキャルピングを動画で公開しています。とにかく凄い!瞬時に、2万円、1万円、3万円と差益を抜いていく映像には圧倒されました。

なんと「ポンド円ロングで4億円の損失」という投書!
       →人気Ranking60位の「為替王さん」のブログ!

目からウロコ!いますぐ勝率をアップする方法とは?
       →為替ランキング137位の「レバ200倍のFXってどうよ」さん
最近の人気記事
人気口座に見る最近のFX傾向
投資タイプ別の必勝法

外為ランキング2位の脱サラ投資家が2年間で8倍の運用実績!

①「米公的資金策 日本と比べれば3合目」(日本経済新聞)
→すったもんだで米国の金融安定化法案が成立した。これを受けて米政府は巨額の公的資金で金融機関から不良資産の買い取りに着手する。一方、日本は1989年のバブル崩壊で未曾有の金融不安を経験し、1990年代から2000年初めにかけて不良債権を処理した先輩でもある。その日本の解決過程と米国の現在を比較した解説。

日本は1993年に不良債権を買い取る「共同債権買取機構」を設立したが、これは公的資金を使わず、銀行各行が自分で資金を出し合っていたもので、不良債権を銀行から分離する決定打にはならなかった。公的資金を使った不良債券処理の枠組みは1999年に設立された「整理回収機構」だった。実に、バブル崩壊後、約10年後という遅さだった。

米国は金融危機の発生後、1年以内に公的資金を利用した買い取りに着手するというのだから、日本に比べたら相当迅速な対応だ。しかし、日本は「整理回収機構」を設立したあとも、体力の弱った銀行に資本注入し、体力を増強させ、損失の確定を進めたり、2003年には「産業再生機構」も発足させて、巨額の融資を受けていたダイエーなど事業会社の再生も進めた。そうした過程を考えると、米国のいまは「3合目あたり」という解説だ。

というわけで、スワップ派のFX投資家は局面転換はいったい何時になるのかという不安が募ると思う。しかし、こういうときはレバレッジ1~3倍が可能なFXプライムで暴落時に少しつづ仕込むしかない。米ドルなら95~90円台、ポンド円なら180円割れといった自分なりの目標を定めること。その目標は月足チャートなどを見て過去の相場の最安値を目処にしたい。

逆に言うと、ショート軍はまだまだ稼ぎ時がありそうだ。


【気になるブログ】
4億円稼いで脱税で有名なミセス・ワタナベこと池辺雪子式トレードの本質とは?
    →人気Ranking15位の「外為錬金術」さんが詳報!投資法、狙いの通貨・・・かなり面白いです!


②「NY変調」「ハイヤー閑古鳥」「オフィス空室率上昇」(日本経済新聞)
→いよいよ世界の富が集中するニューヨークのあちこちで、金融危機の影響が目に見える形で浮き上がってきた。高層ビルのテナントは決まらず、黒塗りのハイヤーは売上げが激減。犯罪増加の兆候もあるが、税収が減少するため警察予算が削減され、治安悪化につながるという懸念もあるとか。

いま、マンハッタンの不動産業界に衝撃が走っているそうだ。テロで崩壊した世界貿易センタービル跡地にオフィスビルが再建されたが、その最上階の入居に確実視されていた英銀行大手HSBCが土壇場で降りたためだ。民間調査では、NYのオフィスビルは空き室率が9%で昨年よりも1ポイント悪化した。

金融危機や金融不安がもたらす実体経済への影響は、日本人は経験済みだ。企業は交際費を切り落として、夜の街は閑古鳥。タクシー運転手たちも悲鳴を上げ、もちろん不動産価格も信じられないほど暴落した。消費が低迷し、100円ショップが繁盛。景気に左右されない業種としてITバブルも発生したが、表面的な空騒ぎでほどなく弾けた。

しかし、その間、コツコツと投資していた人が2005年から始まった好景気で富を得た。でも、相場の低迷期に相当我慢したんだろうなあ。「投資の儲けは99%が我慢料」か。

③「成功する人生とバランスシートの使い方」(日本系座新聞の広告)
→不景気な話ばかりでは気が重くなるので、最後は記事ではなく、自分を前向きにするような広告記事。影響力のあるブロガーをアルファーブロガーと呼ぶ。そのアルファーブロガーで投資家の小飼 弾(こがい だん)さんの著書「弾言 成功する人生とバランスシートの使い方」の広告に目がとまった。

小飼さんは、投資家であり、プログラマーであり、ブロガー。この順番は収入順です。オンザエッヂ(現ライブドア)上場時の取締役最高技術責任者(CTO)を務め、カリフォルニア大学バークレー校中退という名の中卒。現在はディーエイエヌ有限会社代表取締役。知っている人は知っている。

映画『バベル』で、役所広司と菊池凛子演じる親子が住まう東京・中央区のタワーマンション。その豪華200平方メートルの部屋は、実は小飼さん4人家族が住んでいる部屋が撮影に使われたのだとか。雑誌で見たことがあるが、巨大な本棚と優雅な空間、そして東京の夜景を展望できる実に素晴らしいマンションというか部屋だった。

この豪華マンションはキャッシュで買えたのだけれど、銀行金利が低いので、一部借りて余剰資金を投資に回したとか。小飼さんが考える「成功する人生とバランスシートの使い方」とは何か?実に興味深い一冊である。

週末恒例の「今週の大胆展望」は本日夕方以降エントリーする予定です。乞うご期待ください。

参考になった為替Ranking

部門別のFX口座ベスト3!

【高レバレッジ&低コスト部門】(手数料無料+スプレッド1銭)
MJの「Spot Board」←短期用の定番
外為オンライン←私の愛用口座・抜群です!
FX ZERO←FXの老舗ひまわりグループ!

【市場予想ソフトなど相場読み部門】
アストマックスFX←文句なしの人気NO1
エキサイトFX←見易さと使い勝手は抜群!
サザインベストメント←プロ顔負け!

【高金利通貨で金利を稼ぐ長期用部門】
FXプライム←レバ1倍~120倍。ダントツの人気
セントラル短資←高金利水準が売り
フォーランドオンライン←低コスト&高金利で人気急上昇

スワップ用ポジション
毎日の金利収入は1560円
ユーロ円5枚 785円→月収+2万4335円
豪ドル円5枚  775円→月収+2万4025円
スワップ用口座の合計 月収+4万8360円

豪州ドル円ロング5枚 100.73円 スワップ+6万3725円
ユーロ円ロング5枚 166.10円 スワップ+6万5875円
ややショートに軸足を置いた両建てヘッジ実行中です。
合計スワップ+12万9600円(9月6日更新)

特選・スワップ用口座
①レバレッジの選択幅ナンバー1&取引手数料が無料伊藤忠グループのFXプライム
②スワップの高さナンバー1+デイトレ手数料ゼロ→老舗のセントラル短資
③手数料無料。市場予測つき。通貨ペア160種類→アストマックスFX
④レバ50倍→手数料ゼロ・高スワップ→フォーランド オンライン

スイング用口座
【22日(月)】
豪ドル円ロング1枚 89.05→89.55 +4900円
ユーロ円ロング1枚 155.82→156.24 +4200円
【9月29日(月)】
ポンド円ショート 194.00→193.40 +6000円(W指値・リミット193.40 ストップ197.00)
【9月30日(火)】
ポンド円ショート1枚 190.31←187.45 +2万8600円
【10月3日(金)】
ポンド円ロング1枚 185.32→185.93 +6100円
ポンド円ロング2枚 187.74→185.87 +2600円
ポンド円ショート2枚 185.52→184.92 +1万2000円
【4日(土)未明】
ポンド円ショート2枚 187.11→186.78 +1万7000円
ポンド円ロング2枚 187.96→187.09 -1万7400円
ポンド円ロング2枚 187.83→187.83 +2000円
ポンド円ショート2枚 187.78→186.48 +6000円
ポンド円ショート2枚 187.15→185.00 +3000円
ポンド円ショート2枚 187.75→187.31 +8800円
ポンド円ショート2枚 187.19→187.14 +1000円
ポンド円ショート2枚 187.45→187.27 +3600円
ポンド円ショート2枚 187.37→187.23 +2800円
合計損益 +53万1338円

特選・短期&スイング用口座
①手数料無料。通貨ペア160種類。市場予測ソフト付→アストマックスFX
②レバ選択可能→手数料ゼロ・コスト安ナンバー1→MJの「Spot Board」
③レバ200倍→取引手数料0円!スプレッド1銭から!→外為オンライン

解説】スワップ用口座は8万余りの利益を確定して、さらに押し目買い狙い。果たして押し目がやってくるのかどうか。一方、スイング用口座は紆余曲折もありましたが、順張りで利益を増やす態勢に入りました。1日の利益目標は1~3万円。1日1万円の利益でも、年間では365万円。1日3万円平均だと、1000万円の利益となります。

参考になった為替Ranking

注目! 「無から有をなす」。これは重要なことです。とくにFX投資の場合、それを意識したマネーマネージメントが重要です。私は、こんな風に実践しています。

【スワップ派の長期投資用口座】

ポジションを放置しているだけで、自然に残高が増えているのは実にうれしいものです。しかも、私が利用しているセントラル短資はポジションを決済しなくても、貯まったスワップ金利が使えるので、将来の不労所得口座としては抜群の利便性です。→為替Ranking

相場が上昇しているときは常に下落リスクを注意する必要があります。その意味では、低レバレッジで下落に耐えうるポジション作りが大切です。そのレバレッジを選択できるのが、伊藤忠グループのFXプライムです。7月上旬からは、手数料無料コースも導入し、スワップ派だけでなくスイングトレード派にも使い勝手の良い口座にリニューアルされます。

この手数料無料コースは、証拠金1万円で米ドル1枚(120万円)分を保有できます。ですから、レバレッジは約120倍。この無料コースの導入で、デイトレ派にもスワップ派にも使えるFX口座を目指しているものと思われます。

もともと、最大の特徴は約1倍から120倍まで9種類のレバレッジを取引毎に自由に選べる点です。取引手数料も無料と格安!手数料が片道2万円も取られる銀行の外貨預金は相手になりません。そのFXプライムが、高レバレッジで手数料無料に踏み切ったことで、スワップ派のFX口座にも無料化の波が本格化しそうです。

 

コースの種類取引保証金
(1万通貨当り)
レバレッジコースタイプ
1万円コース1万円120倍投資効率は高いですが自動ストップロスの幅が狭くなります。積極的に為替差益を狙う、短期売買派向けのコース。
2.5万円コース2.5万円48倍
5万円コース5万円24倍
10万円コース10万円12倍FXのスタンダードコースともいえる「10万円コース」は、FX初心者の方に根強い人気のコース。
20万円コース20万円6倍
30万円コース30万円4倍
40万円コース40万円3倍
50万円コース50万円2.4倍自動ストップロス幅が広く、じっくりと資産運用をされたい方に人気のコース。
100万円コース100万円1.2倍
レバレッジは米ドルの場合。倍率は概数


スワップ金利だけで確実に資産を倍増させる必須アイテムを考えたいと思います。

私が底探しの旅に利用している口座は、FX業界最大手の外為どっとコムセントラル短資。いずれも、ポジションを決済しなくてもスワップ金利を毎日受け取れる口座です。

将来、毎日1万円程度のスワップ金利を受け取って生活することを夢見る私にとっては、まさに生活口座になりうる重要な口座です。私にとって、外為どっとコムセントラル短資は、経済的自由人を実現するためには不可欠な口座となりました。

管理人も利用する優れたFX口座とは?
私の投資はスワップ稼ぎが中心ですから、長期投資ともいえます。その長期的なFX投資に最適なFX口座の条件は何でしょうか?

経営体力が万全なこと
→投資途中で破綻しない経営体力が重要。
スワップ金利が高めなこと
→これは説明するまでもありません。
使い勝手の良い機能を備えていること
→レバレッジのバリエーションやニュースの豊富さなど。

この3条件に合致する私のメイン口座はセントラル短資外為どっとコムです。どちらも、たくさんの利益を出しているので縁起もいいです。

まず、セントラル短資ですが、スワップ稼ぎには絶対に欠かせない口座です。日本銀行も取引してきた100年の伝統を誇る老舗短資会社の関係会社で、スワップ金利も他の業者より高めに設定されています。しかも、ポジションを決済しなくても、毎日スワップ金利が入金されます。ここが重要です。ポジションを決済しなくてもスワップ金利を振り込んでくれるので、将来的には毎日3万円くらいのスワップが振り込まれるような「底探しの旅」ファンドを構築するのが最大の目標です。現在、口座開設&ポジション1枚で5000円のキャッシュバック!があります。

もうひとつ外せないのが、FX業界最大手の外為どっとコム。ここは最B6瓠・lt;font color="#FF0000">レバレッジを自由に選択できるFX口座に変化しました。ますますスワップ派には使い勝手の良い口座になったわけです。

4種類のレバレッジが選べます!
レバレッジ2 2倍~3倍程度
(超安全志向向け)
レバレッジ55倍~7.5倍程度
(超安全志向向け)
レバレッジ10
(通常型)
10倍~15倍程度
レバレッジ20
(高レバレッジ型)
20倍~30倍程度


★レバレッジ別の下落耐久度は次の通りです。(米ドル118円の場合)
○レバレッジ2倍→59円(1ドル=59円)
○レバレッジ5倍→23.6円(1ドル=94.4円)
○レバレッジ10倍→11.8円(1ドル=106.2円)
○レバレッジ20倍→5.9円(1ドル=112.1円)
注・カッコ内は耐えられる為替水準(実際はもう少し傷の浅い水準でロスカットになります)

私は現在、NZドルでレバレッジ10倍を利用していますが、将来的には資金を膨らませて、数百万円単位でレバレッジ5倍で高金利通貨を購入したいと思っています。夢の不労所得生活に向けて、そのためのツールを準備しておきましょうね。

外為どっとコムの口座開設資料はこちらです!
 


以下、いろいろなタイプ別口座で列挙しましたので参考にしてね。

FX初心者に最適なFX業者

外為どっとコム
FXの登竜門かもしれません。業界最大手。通常1万通貨の取引が最低単位ですが、最大の特徴は1000通貨単位でも大丈夫な点です。ですから、私は急落したNZドルの「底探しの旅」用に利用しています。「底探しの旅」は底ポジを確率して多少の為替変動にもびくともしないスワップ収入専用ファンドの構築ですが、1000通貨単位で小さく積み立ててスワップ収入を確実にゲットしています。さらには登録後の情報提供などアフターケアの丁寧さには感心します。

9種類のレバレッジが自由に選べるFXプライム
伊藤忠商事のグループのFX会社で、手数料も格安。約1倍から120倍まで9種類のレバレッジを取引毎に自由に選べるサービスを導入。レバレッジを調節して自分でリスクと儲けの管理をしたい人には使い勝手がいいです。

スワップ金利を稼ぎたい人向け

セントラル短資
スワップ稼ぎには欠かせない口座です。日本銀行も取引してきた100年の伝統を誇る老舗短資会社の関係会社です。そのためか、スワップ金利が各通貨とも他の業者より高めに設定されています。しかも、ポジションを決済しなくても、毎日スワップ金利が入金されます。これは究極の口座で、毎日の金利生活も可能な口座といえます。

取引コストを低くしたい人向け関連記事

MJの『Spot Board』
手数料ゼロ、しかも第2の手数料と言われるスプレッドもドル円1銭~、ユーロ円2銭~と、手数料が業界最安水準!いま最も注目しているFX会社です。もうひとつの特徴は、レバレッジが50倍、100倍、200倍から選択できるという点です。リスクや残高、相場状況に応じてレバレッジを選べるので、非常に使い勝手の良い口座です。南アフリカランドなど通貨ペアも32種類と豊富。もちろん、資金は信託保管なので安全性も高い口座です。

AFT-FXダイレクトトレード
最近、とても人気のあるFX会社です。毎回、細かく取引をしていると手数料がとても気になりますが、手数料無料なので助かります。口座の画面も見やすいうえに、複数のチャートを開くことができるので、複数の通貨ペアを同時に観察できて利便性が高いです。
また、スワップ金利が低めなのも魅力です。というのは、円安ドル高が進んだあとは、必ずドルの急落局面が来ますから、そのときマイナススワップを抑制しながらショートポジで稼ぐには最適です。
一見、デイトレ派の口座にも見えますが、スワップ派投資家がショートで稼ぐ際に多用されている口座です。

FX Online Japan
日本で初めて手数料ゼロを実現したFX会社。口座の画面も大人びていて、とても人気のあるFX会社です。

ひまわり証券【マージンFX】
ディトレの手数料ゼロと・A4うFX口座が最大の特徴です。証券会社系のFXなので、信頼性も高く、とても人気のある口座です。「株式投資もFXも」というマルチで考えている投資家に支持されています。

トレイダーズ証券
スワップなどデリバティブ専門の証券会社ですから、情報量も多く、毎日じっくりスワップ収入を稼ぎたいという投資家に最適です。取引できる通貨も人気の英国ポンドとニュージーランドドル、さらには高スワップ金利の南アフリカ・ランドも追加しましたので、スワップ収入狙いの上級者にも魅力的な口座です。現在、取引コストを大幅に引き下げるキャンペーンを実施中です。

レバレッジ400倍が可能で手数料無料の会社

ヒロセ通商
業界最高水準のスワップ、最低水準の取引コスト(手数料100円)。「Hirose-FX」と「Hirose-FX2」の2つの異なるシステムが利用できます。さらに、「Hirose-FX2」のミニ口座は1,000通貨単位から取引可能な使い勝手の良いFX会社です。

レバレッジ200倍が可能で手数料無料の会社

外為オンライン
レバレッジ200倍なのに手数料の無料ということで、最近、注目されているFX会社です。米ドル1万ドルのポジションを6000円で持てるので、投資資金を効率的に活用できます。しかも、両建て可能。もちろん、携帯電話でも取引可能です。2006年12月からは、顧客の資金を新銀行東京に信託保全するスキームを採用。FX会社が破綻しても、資金は保全されます。

レバレッジ100倍で手数料ゼロ円のFX業者

AFT-FXダイレクトトレード←人気があります!

レバレッジ40倍で手数料無料のFX会社

マネーパートナーズ
ここは2006年7月から手数料無料に踏み切った国内系では数少ないFX無料会社のひとつ。楽天系の会社で、アフターケアや情報量などでも評判が高いようです。また、資金は信託保全されるので、とても安心です。

信頼の商社系で取引したい人向け

8つのレバレッジが自由に選べるFXプライム
伊藤忠商事の100%子会社で、すでに金融先物取引業の登録も済ませて信頼性を前面に打ち出しています。最大の特徴は6種類のレバレッジを取引毎に自由に選べるサービスを導入している点です。レバレッジを調節して自分でリスクと儲けの管理をしたい人には使い勝手がいいです。

三菱商事フューチャーズ証券
ご存知!三菱商事の100パーセント出資会社。業界でも最高水準のスワップ金利を提供し、初心者の方でも操作がとても簡単なシンプル&スピーディーな取引画面を搭載しています。取引手数料はデイトレードの場合、往復で半額も採用。さらに取引手数料の3%をギフト券でキャッシュバック。また即時入金システムは手数料無料&24時間反映です。

税金が気になる人向け

FXで気になるのが税金です。儲けが年間20万円を超えると、雑所得とみなされ、年収1800万円以上の人は最大50%も課税されます。しかし、2005年7月から始まった「くりっく365」(取引所為替証拠金取引)の場合は、申告分離課税(先物取引等に係る雑所得)となり、一律20%課税となります。しかも、その年に控除しきれない損失は、確定申告で、翌年以後3年間、雑所得等の金額から繰越控除できます。

そのクリック365で取引したい人は以下のFX口座があります。

ばんせい証券←管理人利用中
インヴァスト証券→通常300円→口座開設翌月まで88円キャンペーン中
スターアセット証券→手数料210円

自分にとって、最も相性のいいFX口座はそれぞれの投資スタイルや所得などによって異なってきますので、よくお調べになってくださいね。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gaikokukawase.blog19.fc2.com/tb.php/1175-79504d17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。